Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

222.jpg
初音ミクシンフォニー2017に行ってきました!
もう2週間ぐらい前だけど!!
あと先日FFのDistant Words~而立~も行ってきました!
もう結構記憶飛んでるけど、とりあえずはミクさんの感想を書こうかと。

--------------------

昨年度に続いて二年目の国際フォーラム!
今年のミクさんの衣装めっちゃ可愛くないですかね!!
スケールフィギュア化もするらしいのでちょっと欲しい。もう部屋に置き場が無いけど。

今回のコンサートの司会進行はなんとまさかの初音ミクご本人!
国際フォーラムならではの巨大スクリーンにて、身振り手振りを交えながら大変可愛らしく司会と進行を務めて頂きました。
当然のごとく映像だからこっちの反応なんて知ったこっちゃないわけですが、ちゃんと要所要所で拍手を挟むような間が取られてたのは良く出来てるな、と変なところに感心してました。というかキャラモデルめっちゃ可愛いなにあれ。
途中でリンレンも出てきたけど、挙動が壮絶にあざとかったです。
なんだっていうんだあの可愛い生き物は…!
演奏自体も昨年度に続いて非常にハイクオリティで大変満足な内容でした。
今年はわりと前半が歌入り多めの編成だったかな?
なんだかんだでもう結構な数のオーケストラを聴きに行ってますが、2公演続けてスタンディングオベーションで終わるほどに満足度が高いコンサートはこれだけだなぁって気がします。
印象的だった曲をちらほらと。

・未来序曲フルver
昨年度から2番が追加されてのフルバージョン!
映像がぬるぬる動いてめっちゃ綺麗で可愛い(曲を聴け
スピカ、千本桜、ミラクルペイント、Tell your world、指切り、あなたの歌姫と、1番に続いて歴代の人気楽曲が歌詞の中に散りばめられててまさに記念曲といった感じでテンションがウェイしますね!!
来年度は3番が追加かな^ ^

・初音ミクの消失~初音ミクの激唱
弦楽器隊の腕が死にそうな動きしてた。
というか全体的に演奏しんどそうな感じだった。
よくあんな高速で演奏して音ぶれないなと思います。流石プロ。

・四季折の羽
悲劇的な歌詞、映像、歌、そこにオーケストラの演奏が加わる事により涙腺は死ぬ。
元々悲劇的(聴いた人の解釈次第だろうけど、個人的には悲劇)な曲ではありますが、
オーケストラによって壮大かつ悲壮的なアレンジで切なく奏でられるともうね…!
言葉にならないとはこの事か、といった気持ちになりました。

・ゴーストルール
DIVA最新作のゲーム内PVCをひっさげて演奏!
元がかっこいい曲ではありますが、オーケストラアレンジで更に壮大な感じに。
わりとロック調な原曲よりも大人しく、それでいて力強くなってたかな
DIVA自体もちまちまやってるけど、ボタン配列がつらいのでアーケードの筐体が欲しいです。

・名曲メドレー
みくみくにしてあげる~ Ievan Polkka ~ Nyan Cat~ 子猫のパヤパヤの脱力系メドレー。
スクリーンにゆるキャラにデフォルメされてやる気なく踊るミクさん、指揮者はなんとペンライトを指揮棒代わりに、観客もこの瞬間はペンライトをぶんぶんする、なんとも脱力する内容でした。
とは言え演奏は流石の一言で、少数編成された弦楽器隊が、バイオリン他を普通にひかずに弦を指で弾いてひく一風変わった演奏方法で構成されてて、脱力ながらも非常に聴き応えがあったよ!

・ボカロPピックアップ:ナユタン星人メドレー
ナユタン星人に乗っ取られたダヨーさんが壇上を所せましと動き回り、スクリーンにあわせて踊りまくる見てて楽しく聴いて楽しくと良いメドレーだったよ^ ^
リバースユニバースが来たのは個人的にちょっと意外だったのですが、考えたら10周年記念のテーマソングだからそりゃ演奏されますね。むしろ何故されないと思っていたのか…。
マジカルミライでも思ったけど、エイリアンエイリアンは盛り上がっていいですね!
(勿論、盛り上がるといってもオーケストラだし歓声があがったりはしませんが)

・アンコール:脱げばいいってモンじゃない!
アンコール1発目の演奏前に突如流された映像、それは「初音ミクの下着の謎に迫る」。
あの時の「お前は何を言っているんだ」感はそうそう忘れないと思います!
そして現れたのはアウトな曲作りに定評あるデッドボールP(本人)。
何故か唐突に始まるミクとデッドボールPの野球拳。
勿論負ければ脱ぎます。そして予定調和的にデッドボールPが負けます。
なにせ野球拳なので、負けたからには当然デッドボールPが脱ぎます。
ミクのオーケストラに来て1人の変態の全裸姿を見ることになる、そんな出来事を予測出来た人が居たらきっとその人は未来予知が出来るのだと思います。
ここまででも相当に面白かったのですが、今まさに脱いでる本人がボソリと「脱げばいいってモンじゃない!」のタイトルコールを告げた後にオーケストラの本気演奏が始まっちゃうからなんかもうテンションをどうすればいいのかわからないよ!!
それでいて演奏は凄まじくかっこいいからギャップがやばい。
今回のコンサートで何が1番印象的かって、そりゃもうこの野球拳ですね!!

その後もアンコールも盛りだくさんで進行、演奏終了後には会場中がスタンディングオベーション、更にオーケストラの人たちが全員退場するまでその状態のまま鳴り止まない拍手と、それはもう非常に楽しく、聴き応えのあるコンサートでした。
終わり際もあれだけの光景(スタンディング)が見れると気分良いしな!
あまりにも最高すぎたので、是非とも来年度も開催してほしいです。


以下は当日のセットリスト。



DOrC0AYUIAAUuqi.jpg
巨影都市もプラチナ取りました!めっちゃ簡単だった…。
何も意識せずに普通に一周するだけでもその時点で70%ぐらい行ってるんじゃないかな

トロフィーコンプには複数周回必須ではあるものの、イベント、寄り道フルスキップで目的だけを淡々とこなすと一章につき10~15分前後で終わるから、ある程度慣れた二周目以降は各章爆速で終わります。
死因も八割ぐらいは初見殺しだから二回目以降は引っかからないしな…。
巨影ニュース全埋めがトロフィー条件だったら苦行オブ苦行で絶対やらなかっただろうなと思います!!
物によっては各選択肢のパターンごとにニュースが用意されてるから、あの無駄に膨大な選択肢を総当りしないといけない…絶対やりたくない…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでお久しぶりですこんばんは。
ここ数週間は土日と言うとどっかしらに遊びに行っててロクに自室に居ない生活を送ってるので、ブログどころか絵もゲームもあんまりやってません!やべぇな!!
土曜に家居るのは今日が一ヶ月ぶりぐらい…?
以下、諸々ざっくりと。

・GODZILLA怪獣惑星
前情報全く調べてなかったから、三部作って事を映画観て初めて知ったね!!
キャラデザがコザキさんだったから、なんかもう刹那(ガンダムOO)の声帯を持ってる性格がエレン(進撃)なクロム(FE覚醒)にしか見えなくて辛かった。髪型と口調がクロムに似てるんだよぉ…!!
内容としてはがっつりSFで、ゴジラとの戦闘も完全に科学と戦術を駆使したSF大戦でした。1人1人のキャラがそれぞれの役目をしっかり果たしてて見どころも多く、戦闘シーンも見た目に派手で見応えあり、話も王道にまとまってて楽しかったです。
巨影都市もそうだけど、映画とかの傍観者的な立場じゃなくて、ゴジラをはじめとした怪獣達を討伐する側に回ると本当単なる災害以外の何でもないんだなと思うね

・機動戦士ガンダムサンダーボルト&トワイライトアクシズ
事前情報も前作も全然知らないけど観てきました!
期間限定でトワイライトを加えた二本立てで上映中ではありますが、トワイライトアクシズは完全に原作を知ってる前提の構成になっててちょっと意味がわからない箇所が多かったかなぁ。わりと状況把握するのに精一杯な所に加えて、30分程度の短編にも関わらず話の時系列が過去と未来を行ったり来たりするから、今これはどの時点の話なんだ!?感が凄まじい。
要所要所で感動的な箇所はあったので、事前に話を把握した上で観れば面白かったんだろうなと思います。

サンダーボルトは話的に今回が二部にあたるのかな?
ユニコーンと同じスタッフが制作との事で、戦闘シーンと作画のクオリティがやべぇ!
なんかもう戦闘シーンだけ延々と眺めていたくなる気分になります。
レールガンで敵を貫いた状態で更に弾ぶっ放した時のイオさんは素敵な悪人面してました。
主人公のイオが戦闘中にジャズを聴き、ライバルのダリルはポップスが好きって設定にあわせて、劇中BGMは全編ジャズかポップスかのどちらかなのはサンダーボルトならではの特徴なのかな?
原作元にしたモーションにしてるから当たり前ではあるけど、要所要所でガンダムバーサスのアトラスと同じセリフ、同じ動きをしててちょっとテンション上がったよ!
覚醒技のモーションとか勝利ポーズとかほぼそのままだしな
話的にはがっつり続きで終わったので、次作も映画館でやるなら観に行きたいなって思います

・ゲーム。
ミクDIVAFTDX買いました!
収録曲数やばすぎて手はつけれてませんが!!
まぁアーケードで散々やってるからあれなんだけどね。
とりあえず追加されたゴーストルールと砂の惑星だけやりましたが、コントローラーだと本当同時押しとスライドがつらすぎて実際の難易度+星2つ分ぐらいの難易度に感じる…。
専用コントローラー買ったとしても結局スライドがつらい事に変わりが無いのがアレですね
どうせ専用で出すなら、もっとスライド領域広くしてくれば良かったのになぁ


futa.png
先日ペルソナ5オンリーのオーケストラに行ってきました。
何もかもが最高オブ最高でペルソナやってて本当に良かったと心底思いました。
ありがとうアトラス…
でもすぐに感想書かなかったからGEオケと同じく細かくは忘れてます!!

本題前の近況的な話題で。
絶体絶命都市のノリが受け継がれた真剣に馬鹿をやるゲーム、巨影都市買いました。
ウルトラマン、パトレイバー、エヴァ、ガメラ等、映画や作品を見ている時は心強い味方な面々ではありますが、その出現場所に居合わせた人々からすると怪獣と大差なく等しく単なる災害だなって事がよくわかるゲームでした!
なにせこのゲームの主人公は超常的な力も何もないただの一般人。
あんな文字通りスケールが違う存在に対して抵抗する術なんて何もないのです。
個人的には無差別破壊のゴジラとかよりも明確に人を狙って襲ってくるギャオスが一番怖かったな
相変わらずの豊富な選択肢で大変楽しませてもらったけど、マルチエンドじゃないのは残念。
ヒロインとの関係性も別の解釈が欲しかったなぁ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで行ってきましたペルソナ20周年記念コンサート!
内容的にはすでに公演済の内容をベースに、新規曲を追加した編成だったのかな?
昼の部はペルソナ1~5、夜の部はペルソナ5オンリーと分かれていて、そのうちの夜の部に行ってきました。ペルソナ5しかやってないから完璧すぎるセットリストで本当にありがとうございます!!
ペルソナ5の曲のみで2時間程って事で、なんとも豪華なことにほぼ主要曲を演奏です。
演奏、演出や曲順も基本的にゲーム中の流れにそった物になっていて、脳内で怪盗団が走り抜けるイメージやゲーム画面が思い描ける構成だったのが本当にとても良かったです。
さらにボーカル曲はそれぞれ本人が登場、生歌も披露する豪華っぷり。
なんかもう本当にありがとうございます!!

開催当日の間近に怪盗団の1人、パンサーの誕生日が近いってことで、豪華にもフルオーケストラアレンジ版のハッピバースデートゥーユーが演奏されたのは笑いましたw
フルオケだと定番の曲でもあそこまで壮大になるんだね…。

以下、楽曲についてちらほらと。
(若干ゲーム中のネタバレ含みます)

・OP
OP曲~タイトル画面を続けて。
オーケストラ演奏でありながらもゲーム開始時に流れる電車の走行音付きでの演奏、ゲーム内の再現度が半端なかったです。ここから始まる怪盗団の物語。
(流石に電車の走行音はオケの演奏じゃなくて録音の再生ですが)

・序章
チュートリアルでの逃走劇から逮捕、尋問、そしてベルベットルームまでをメドレーで。
逮捕時の「確保!!」のかけ声が再生される演出つきでめっちゃゲームやりたくなる…やばい…
ベルベットルームの曲こと「全ての人の魂の詩」は生歌で聴くと本当綺麗で心が浄化されます

・.戦闘関連もろもろ
生歌Last Surpriseウェーーイ!!!
しっかり戦闘リザルトの曲まで演奏されたのはちょっと笑う
普通のオケだとまず演奏されないような曲だから、がっつり1つのタイトルだけに特化した今回のコンサートだったからこそ選曲され、そして演奏されたのだなと思います

・パレス
メメントスから始まり、以降はシナリオ順にラスト1つ手前までを演奏。
大体どれも素晴らしいアレンジだったけど、中でも特筆すべきは4つめ、5つめの曲!
元々がかなりテクノ寄りで素人判断にしてもあからさまにオーケストラで演奏するような
曲ではないのですが、これらがもうびっくりするぐらい違和感なくオーケストラに!
そもそもがオーケストラ編成の曲ではないのですが、まるで最初からこういう編成の曲ですよぐらいの臨場感と盛り上がり方で素晴らしいアレンジでした

・終盤~エンディングまで
最後のパレスからラスボス戦まで。
ラスボス戦突入前の例のゲージが…こう……あんな感じになる(必死のネタバレ回避)イベントを効果音付きで完全再現、会場全体どころか何故か指揮者の方までが率先して叫ぶ謎の光景が楽しすぎましたw
演奏自体も素晴らしいの一言でした!!


以下は当日のセットリスト。


先日のゴッドイーターオーケストラに行ってきました!
翌日に感想書かなかったせいでだいぶ記憶が飛んでます!
もう年老いたから記憶が長持ちしないんだ…悲しい……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲームの内容だけでなく音楽にも定評があるゴッドイーターですが、作品単独のコンサートは今回が初の試み!好きな曲もかなり多いのでわくわく気分で参加してきました^^
正直そこまで凄い人気があるシリーズって印象でもなかったから普通に開場時間に合わせて向かったのですが、どこからこんなに適合者の方々がいらっしゃったんですかってレベルのすっごい人!
物販は到着時点ですでに壊滅、パンフすら買えないレベルでした。侮ってたよ…

元々オーケストラ映えする曲が多いから一曲一曲の聴き応え抜群な事は勿論、なんと各種ボーカル入り曲は歌手本人が登場しての生ライブ!
中でも「No way back」の迫力とかっこよさは圧巻の一言でした。
演奏としてはぶっちぎりで「黒の一閃」が印象的!
ドラムと三味線の演奏が際立つようにアレンジされた演奏、演出はもう本当鳥肌物でした
映像もあいまってめっちゃかっこよかった…ここピンポイントだけでも音源化して欲しい

演奏形式としては結構特殊で、オーケストラにしては珍しく指揮者無し。
更に楽曲構成も客はフェンリルもしくはブラッドの隊員で、フェンリル極東支部で開かれた慰問コンサートに参加中、襲撃してきたアラガミ討伐に駆り出されるといった趣の演出になっていて、楽曲解説等は特になく演出にそって流れるように展開されてました。
生声ヒバリちゃんちょうかわいかった!
会場ではペンライトを販売されてて演奏中も普通に振ってよかったのですが、振っていいのか曲を聴くべきなのかの判断が完全に客席側に委ねられてるので、全体的に「え、ここペンライト振って良いところ??駄目?」みたいな空気感が漂ってたのはちょっと笑っちゃいそうでしたw
No way backの時とかは歌手側も煽ってきてたし完全に振るタイミングだったと思うけどね。
まぁみんな恐る恐るペンライトぶんぶんしてたよね。仕方ないね。
最終的に「隊員の皆さん、生きていたら生存確認用のライトを点灯して下さい!」って演出が唐突に放り込まれて、ここで初めて「このペンライトはそういう意味!?」ってなるのですが、当然ペンライトは会場物販で購入した人しか持っておらず…。
会場全体の半分以下程度の点灯具合だったけど、それでも「全員の生存を確認しました…!」みたいな演出を続行するヒバリちゃんは中々鋼の精神だと思います。隊員半壊してるよ!現実を見て!!

会場自体の音響の問題で、聴こえ方が結構微妙だったのは残念かな
大型のスピーカーを使ってて、折角のオーケストラなのに結局そのスピーカーからまとめて音が出るから普通にCDで聴いてるみたいな聴こえ方になっちゃってたんですよね
会場が広いからそうしないと全体に響かないから仕方ない部分ではあるけども。
あとちょっとライトの演出が過剰気味!眩しくてステージ見てられない!!
ミッション出撃から帰還みたいな流れにしてたり、ゲームのストーリーに沿って展開される演出とかは凄い楽しかっただけに、ちょっと勿体無いなぁと思いました。
最後の生存確認にしても、どうせこういう演出にするならカービィコンサートみたいに全員にサイリウム配布すればいいのにと思ったし、演出面は次回に期待ですかね。

以下はセットリストー


DLDu3ATU8AAxxHL.jpg
ペルソナ5もプラチナトロフィー取ったぞーーー!!
145時間の冒険の果てにようやく取得、本当に面白いRPGでした。ありがとうアトラス…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでお久しぶりですこんばんは!
更新頻度が中々やばいことになってますね!
ずっとゲームか遊びかで結局ミクさんの絵も描いてないです!!
ペンタブがイカれた事も多少ありますけども。
新しいペンタブを買いに近場の量販店とか見に行ったりはしてるけど、中々実際に描き心地を試せるような店がないんだよな…多少めんどいけど秋葉とかまで行ったほうがいいのだろうか。わからんね。
液タブを買う程そもそも描いてないので普通のペンタブで充分だけど、折角買うなら描き心地はみたいよね


ペルソナ5。
改めてプラチナトロフィー取得しました!
まるまる2周で取得完了で、2周目については攻略サイト解禁の効率プレイだったのに、それでも総計で150時間近くまで行ったからちょっとびっくりです。
トロフィー自体はどれも複雑な条件等を要求するものは無く、ある程度時間をかければ簡単に取れるようなものばかりだから、プラチナの取得難易度としては比較的低いのではないだろうか。
戦闘についてはもうサクサク進めたかったので難易度セーフティにしてましたが、ゲームバランス(笑)ってなるレベルに難易度が落ちてちょっと笑いました。ペルソナ引き継ぎがある事を考慮しないとしても、一体何をすれば全滅するのか悩む程度にはぬるいです。一周目に選ぶと簡単すぎてゲーム自体が面白くなくなりそうなレベル。
取得がめんどかったのは以下らへんでしょうか。

・仮面コレクター
ペルソナ図鑑100%で取得。
基本的にはパレスで遭遇するペルソナを取ってればあとは全部合成でどうにかなるけど、各コープMAXで開放されるペルソナ、宝魔、リストに存在しないペルソナ(アリス他)辺りがやや厄介。
宝魔の髑髏水晶辺りはもう意識して行かない限り自然にとった人は殆ど居ないんじゃないかなぁ

・大怪盗団結成
全コープMAX。
2周目だと人間パラメータがすでに最大値だから特に考慮点はないけど、単純に時間かかった。

・類まれな反逆者
「刈り取る者」撃破で取得。
正攻法でやるとかなり高レベルかつガチガチのペルソナ揃える必要があるけど、インフルエンザで絶望してると勝手に死ぬ外法戦法だとレベル1でも倒せるという…。
星コープあげて確定逃走出来るようにしてからのほうが良いね

・ドリンクマニア
自販機で買えるジュースを全て購入で取得。
11月ぐらいになってからそこら中の変える自販機全部買って取得しました。
秋葉とか一部マップに表示されない自販機が関わるのがめんどくさい

・パーフェクトな仕事
ミッションを全てクリアで取得。
コープ中に解禁されるミッションがあるから、必然的に全コープ進めないと取得出来ない辺りがだるい
取り漏らさないように意識的に月コープ進めたけど意味あったかは微妙

・クラフトワーカー
全ての潜入道具を自分で作成で取得。
普通に進めてたらまず材料足りないと思われる赤リンの粉、水銀、アルミ板集めがひたすらにだるい。
全部メメントスで拾えるとは言え、あの単調な曲とマップの中延々と歩くのは苦行だった…

・本の虫
全ての本を読むと取得。
仲間が加入した時に追加される本、ゲーム、釣り等特定行動とった際に追加される本が見落としがちかつ読むのに時間使うのが面倒な感じ。まぁ図書室の本だけ読めれば取り漏らす事はないだろうなって感じ

・黄金の指
全てのテレビゲームをクリアで取得。
単純にめんどい。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 自由奔放。, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。