アレグレット・戦闘開始時の台詞より抜粋。
男らしいというか乱暴というか…そんな性格がわかる発言ですね。

プレイ日記の前に雑記。
もう直ぐファンダム発売日ですね~。
シリーズキャラ共演の話は一つだけのようです。「それぞれの最終決戦直前に謎の空間に飛ばされ、そこで各シリーズのキャラたちが出会う」って感じの設定らしいですけども、それもなんとなく微妙な感じ…。
ちなみに俺のバイト先でのファンダム予約本数は0ですww
テイルズと言えばトレーディングカードも出るようで。
でもこれもファンダムと同じく藤島テイルズのみ、テイルズスタジオはとことんいのまたさん派のファンにケンカを売りたいようですね。どちらかと言えば藤島さん派でカードゲームを買う気は無いから別にどうでも良いですけども。

遂にハルヒがゲーム化するそうで…。最初ガセかと思ったけど、公式サイトもあるからマジのようです。何気にナムコだしw
アドベンチャーらしいですけど一体どんなゲームになる事やら…^^;
ちなみに、いくら小説が好きと言えどもゲームは流石に買わないと思います。


以下トラスティベル簡易プレイ日記!
「ネタバレには気をつけて下さいね?」byポルカ

~第二章・革命~
わりと長めの章でした。つかダンジョン多すぎ。

・サビ平原
道なりに進むだけ、ビオラが仲間になりました。
ところで、ヤギの餌は何も紙にこだわらなくてもそこら辺に生えてる草で良かったと思うよ。

・フェルマータの砦
綺麗なのは良いけど広い。そして仕掛けの規模がでかい。そんなんで抜けるのに2時間もかかりました;
ここのボスを倒したらバトルレベルが3にアップ、戦闘が段々とスピーディになってきましたよw
つか砦の鍵をボスが持ってるのがウザったい。ボス倒した後に宝回収しに戻らなきゃいけないじゃん(ぇ

・ハノンの丘
道なりに進むだけ、スピードが速い敵が多くて先制攻撃されることが多かったです。レベル低いだけかな?

・フォルテ城下町
ここのBGMをアビスの街・バチカルで流してもまったく違和感が無いと思います。
フォルテ城下町に到着した早々に人探しをする事に、なんで宿屋に行って人探しを頼まれてるんだよw
ここでもやっぱりポルカはさけられてるんですね…。魔法が使える、って事はこの世界だとマイナスにしかならないのだろうか。

・絶壁グリッサンド
広い、長い、迷うの三拍子そろった素敵ダンジョン。カメラ視点が固定のせいで先に進む為の道が解り難くて…敵がそんなに強くなかった事が救いかな?
ちなみに探し人の子どもは、かなりの高度から落ちたにも関わらず木の枝に引っかかって無傷だったと言う奇跡。あり得ないからw

・フォルテ城下町、VSチューバ
謁見しに行ったらなぜかいきなりケンカを売られてボス戦に。
攻撃自体は基本的に大振りだから防御しやすかったんですけど、生意気にも背後に回りこんでから攻撃なんて事をしてくるから防御不可能な状況が何度か…;
つか終盤の攻撃が痛すぎる。ポルカが後一撃で死ぬ所だったよw

・フォルテ城
牢屋から脱走するだけ、ついでにサルサが合流。
脱走は元盗賊・アレグレットの本領発揮どころですけど、ポルカが居るからちょっとやりにくそうでしたw
誰だって気になる女の子の前で堂々と悪事をする気にはなりませんからね~。アレグレットがポルカのことを気にしてるのは態度でわかるし。
でもビートが盗賊だって事をいつかばらすと思うよ。なにせ「貝殻のように口を閉ざす」だろ?ずっと閉まりっぱなしの貝殻なんてほとんど無いからねw

・アンダンティーノの抜け穴
長い・迷うダンジョン再び。宝を全部とろうと思うとより時間がかかります^^;
戦闘に関しては影が多いからポルカが活躍出来ましたw
ネザースレイターは威力が高いけど影じゃなきゃ駄目だから、屋外だとあんまり使えないんだよねw
つかこのゲーム、やっぱり地図が無いのは問題だと思うんですけど…。

・カバサ大橋、VS本気のチューバ
抜け穴脱出地点でアンダンティーノのジルバ・ファルセット・クラベスと遭遇。
同行はするけどまだ仲間にはなんないみたいですね、この人達…。
で、フェルマータの砦を通り抜けた先の橋にて再びチューバと戦闘。
メンバーがアレグレット・ポルカ・ビートで固定…ビート使ってないからメンバーで一番レベル低いのに!ショパン様はどうした!?
相手の攻撃の威力が高すぎて防御しても痛い(むしろ防御ミスると即死する)んで、攻撃はアレグレットとビートに任せてポルカはひたすら回復、隙があればシェイドコメットで援護って感じで戦ってました。

そして橋から全員落とされた所で二章終了。


~第三章・幻想即興曲~
ダンジョンだらけの章。このゲーム、全体的にイベントが多いんじゃなくてダンジョンが多い気がします。ダンジョン→ダンジョン→ダンジョン→街→ダンジョン→ダンジョン→…って感じで。

・アダージュ湿原
橋から落とされた時に何人かがはぐれてしまい、メンバーがアレグレット・ビオラ・ジルバ・ファルセット・クラベスに変更。ポルカは!?ショパン様は!?
主力に使っていた二人が消えたせいで、戦闘が微妙にキツイ。ジルバがアレグレットを凌ぐ破壊力の持ち主で、攻撃面では2人の穴を埋めてくれたのは救いかな…。回復がポルカが居なくなったからちょっと辛い。
つかこのダンジョンも広いなオイ。

・宿屋カンタービレ
ポルカたち(つかポルカ)の事が心配な様子のアレグレット、ちょくちょくビオラにからかわれてますw
ついでに城でいきなり襲われたのはアンダンティーノに間違えられたからだとアレグレットが気付き、そのまま「アンダンティーノ内にスパイが居るんじゃないか?」との話に。

・ウッドブロックの林
ジルバがファルセットの事を疑ってます。私的にはクラベスのほうが怪しいと思うんだけど。
ちなみにここは戦闘開始時に強制的に毒状態になる素敵なダンジョンでした。ただでさえポルカいないから回復面が弱いってのに…!!
こんなところはサッサと抜けるに限る、って事で戦闘避け気味でちゃっちゃと進んでボス戦。
戦闘開始時に毒になる上に敵の攻撃も結構痛い技が多く、中々苦戦しました;
…つか戦闘さけすぎで単純にレベルが低いのか?

・アンダンテの町
メンバーがさらに減ってアレグレット・ファルセット・ビオラの3人に。オイ、また主力が1人消えたよ。
メンバー内に不穏な動きがある辺り、アンダンテも完全に統制がとれてるわけでは無さそうですね。
で、女の子の為に墓地の先にある泉に水を汲みに行くことに。

・レント墓地
「めんどくさい」の一言に尽きるダンジョン。
でも可愛い娘の為なら頑張っちゃうアレグレットがやる気になっちゃたからには行かないわけには行きません。…正確に言えばビオラに乗せられたんだけどね。
でも主力がアレグレットしか居ない関係で戦闘も地味にキツイし、サッサと抜けようにも仕掛けが行ったり来たりしなくちゃいけないタイプだったからそれも無理…。
なんとかボス戦にたどり着くもそのボスが強い!攻撃が何喰らっても最低でも1000は喰らうせいで回復が追いつかなくて…ポルカカムバーーック!!

で、スパイがクラベスって事が(プレイヤーにのみ)判明したところで三章終了。二章に比べて短いなオイ。
その後幻想即興曲についての楽曲解説が入ったけど…なんかこの章には全然関係なかった気がします。無理やりショパンの曲の説明をいれてる感じ。


~第四章・華麗なる大円舞曲~
いよいよ章のタイトルが一人歩きをはじめた感が出てきました。絶対これ内容に関係ないだろw

・バロック船
話はうってかわってポルカ・ショパン・ビート・サルサの四人組に。
アレグレット達と違い、この4人はバロックの船に保護されたようです。
船上でショパンが語る自分の世界観。これが本当に自分の夢なのかどうか、そろそろ区別がつかなくなってきたようです。俺は夢の世界の方が良いと思うけど…ポルカが言うように「これを夢と確信が持てなくなったら、それは現実と変わらない」って事だろうし。
死ぬ事がわかってる人間にとって未来の事を考える事はつらすぎる…それでも未来を見るポルカはとても強いと思います。

・海賊船ドルチェ
アレグレットもジルバも居ない戦闘は辛すぎです。
ショパンとポルカが居るから回復面は問題無いけど、今度は逆に破壊力にかけて戦闘に時間がかかる^^;
サルサはレベルが低いし、ビートは強いけど防御面が弱いし…そんなわけでこれまた戦闘避け気味で。
ボスがやたらと強く、蘇生アイテムをはじめて使うことになりました;
敵のターン毎に1人死ぬのは異常だろうよ…防御成功すればどうにかなるけど、防御しにくい攻撃ばっかりだし。つか背後に回ってきて防御できないし。
ショパンとポルカは毎ターン回復にまわして、攻撃の方はビート君に頑張ってもらいましたw


そんなところで今日は終了。
早くアレグレット達と合流したいなぁ…。

テーマ:トラスティベル - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.