先日テイルズオブオーケストラ2016に行ってきました!
テイルズオブオーケストラってよりもベルセリアオーケストラって言った方が正しくないですかねって思う程度には曲目がほぼベルセリアでした。あとゼスティリア。
コンサートを終えて真っ先に出た感想は「ベルセリアやっといて良かった」でした。
あと「司会どうにかしてください」でした。
曲の感想は一体何処へ。

あ、ゲームやりすぎて時間無くなったので絵はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・

全世界待望の!!FF15が!遂に出ましたね!!!
ヴェルサス発表から実に10年もの歳月が経ちようやく動き始めたノクトの物語!
待ちに待ったこの瞬間、もちろん発売日に映画とアニメのセットパッケージを購入して!

今!!
まさに!!!
アップデートファイルのインストール中で!!!!!
現時点でまったく触れてません!!!

なんでだ!!!!(台パン

…それというのも、アトリエが終わらなかった事が概ねの原因なわけですが。
いや、普通に仕事が忙しくて平日ゲーム出来ないってのも多々あるんですけども。
元々やりこみ前提の調合ゲーが一ヶ月無い状態で終わるとは思ってなかったけど!

そんなフィリスはついさっきようやくエンディングを迎えたばかりです。
今作は本当に旅をしてる感が凄くて、広大なフィールドを探索しながら採取する楽しみと、シリーズお馴染み調合の楽しさ、毎度安定してハイクオリティかつ暖かみのある音楽とそれはもう実に楽しかったです。
FFが無かったら普通にソフィー同様トロフィーコンプまでやる勢いだけど、FFもずっと待ってたからね。ちょっとやり込み要素については一休みです。
不満もほぼ無いし満足してるけど、強いて言えば仲間の扱いは勿体無く思うかな?
拠点がない代わりに仲間は基本的に自分が選んだキャラしか付いてこないし、本編にはリアーネとイルメリアしかほぼ絡まないから、パーティに居ないともう本当に関わりが無いしサブイベントも無いし話題にも出てこない。
アングリフさんに至ってはついに仲間にするフラグすら立てる事なくエンディングを迎えました。
1人だけ金で雇う形式なのですが、最初に仲間に出来る時点では割りと高くてね…
クリア後コメンタリーでアングリフの項目聴くのが申し訳なくなりました(でもまだ仲間にしてない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だいぶ話題がそれましたが、そろそろコンサートの話をね!
昨年度が個人的にそれはもうトップクラスに素晴らしかったので、今年は一体どんな曲が聴けて、そしてどんな演出が見れるものかと期待に胸膨らませて行ってまいりました!
そして期待値上げすぎたせいで、終わった後の感想が記事冒頭みたいな感じになりました!
いや、演奏自体は毎度の事ながらフィルハーモニーさんだし素晴らしいの一言なんですけどね。
演奏以外の箇所で気になる点が多かったのはちょっと残念だったなって思いました。

特に司会がもう…正直そんな惨状なら出てこないで下さいって感じで……
昨年度と同じ方が司会だったのですが、もうタイトルは噛むし、キャラ名言えてないし、同じ発言繰り返すし、なんか日本語の使い方間違ってる所が多々あるし、演出の足引っ張ってる以外の何でも無くてね。
ゲストの人が苦笑いするような司会は初めて見ました…。
去年は全然そんな事無かったし普通に進行されてたので不思議に思ってたのですが、どうやら体調を崩されていたみたい?なのかな。多分。演奏後のツイッターとかみてたらそんな話をちらほらみかけたので。
とはいえ、壇上にあがってるからにはそれで許される話でも無いと思いますが。

愚痴はその辺にして、曲についてちらほらと!

・The underwater ruins of Amenochi
モアナが居た神殿の曲。
妙にオーケストラ映えするアレンジになってて、演奏中に流れるエレノアがモアナの母親と対峙するシーン等などの印象と相まって、なんだか荘厳さ以上にもの哀しい印象を受けました
モアナにまつわる話は中々エグいからちょっと悲しくなるね

・The way of the embodied dragon
いきなりラスダンの曲がぶっこまれてきてちょっと笑った
もちろん映像つきで流れるぞ!未プレイ者に対する慈悲は無いのだ…

・Theme of Velvet
個人的にベルセリアといえばこの曲って感じ。
復讐者たるベルベットらしく盛り上がりつつもどこか悲しく聴こえる曲ですが、オーケストラになる事でその切なさがより強調されてて聞き応えがありました

・.BURN~風ノ唄
スペシャルゲストでFLOWのメンバーが登場、ベルセリアとゼスティリアクロスのOPをバンド&オーケストラが融合したスペシャルアレンジバージョンで熱唱!
多分この日一番盛り上がったんじゃないかってぐらい大盛り上がりで、この2曲の間だけ「テイルズオーケストラ」じゃなくて「FLOWスペシャルライブ」でしたw
バンドが前面に押し出されたアレンジだったから昨年の「鐘を鳴らして」程はあんまりオーケストラ感は無かったけど、バンドマンだけありかなり盛り上げなれた様子で、パフォーマンス含めて凄い楽しい瞬間でした。
「風ノ唄」についてはコーラスもクラップもあるしで完全にライブだったね。うん。

・Rising Up
初めてドラゴンとまともに戦闘するイベントの時に流れる曲。
正直そのイベント自体あんまり覚えてなかったとかそんな事はありませんよ(目が泳ぐ
去年の蛍火みたいにゲーム内映像が音声つきで流れてからの演奏だったのですが、イベント自体をうろ覚えだったから「こんなイベントそういやあったね」ぐらいの印象だったよ!ゼスティリアやり直そうな!!
いや、でも「ステラーーー!!!」からの蛍火程は印象深いシーンじゃないと思うんですよ!
もっとこう…リオンとの別れとかゼロスと戦う時とか、そのぐらいのインパクトがね!

そして何故かこの曲を聞いてゴッドイーターのオケコンとかやってほしいなって思った
テイルズどこいった

・Battle between one and all
ラスボス曲だああああああああああ
戦闘前イベントも全部流れたぞーーーー!!
おっと最後にどうなるかまで流れたぞーー!ネタバレは加速する…!!
既プレイだから全然関係ないしむしろ思い出にひたれるからウェルカムな演出ではあるんですけど、プレイ途中の人には中々ショッキングなコンサートだったんじゃないかなって気がします
ベルセリアの代表的なシーンからラスボスにエンドロールまで全部流れたからな…

・ねこにん道
アンコール1発目がまさかのねこにん、豪勢にフルコーラスでにゃんにゃん歌うオーケストラ…!
なんとなく物凄い貴重な瞬間を見ている様な気がしてなりませんでした。
あと映像とあわせて「一緒に歌うニャ!」ってデカデカと表示されて流石に笑いました。
ミクオケのぽっぴっぽーもそうだけど、アンコール1発目はウケを狙う流れでもあるのかなw
あ、演奏自体はカーニバル感溢れてて普通にかっこよかったです。
どっかのテーマパークのパレードとかで流れてそうな感じ。

・flying
ベルセリアとゼスティリア以外の曲がアンコールでようやくきたぞ!!!
エターニアは先日10周年だかなんだかを迎えたらしくエターニアファン内で話題になっていたみたいですが、それにあわせての選曲なのでしょうか。
曲自体はもちろんだけど、何よりやっとベルセリア以外の曲が流れた事が感動的でした
エターニアファンは救われたのだ…

・夢であるように
「夢は終わらない」に始まり「夢であるように」で終わるコンサートになりました。
次回があるならまた満遍なくシリーズ全体から出す選曲にしてほしいなと思います
デスティニーファンもまた救われたのだ…


以下は当日のセットリストです


1.夢は終わらない ~零れ落ちる時の雫~ :ファンタジア
2.The brilliant capital:ベルセリア
3.Nostalgic home town:ベルセリア
4.The underwater ruins of Amenochi:ベルセリア
5.The way of the embodied dragon:ベルセリア
6.ベルセリアバトルメドレー
 ・Shout your soul
 ・Burn your soul & fly
 ・The awakened soul within the sky
7.スレイのテーマ ~導師~:ゼスティリア
8.Theme of Velvet:ベルセリア
9.BURN:ベルセリア
10.風ノ唄:ゼスティリアザクロス
11:ゼスティリア試練神殿メドレー
 ・試されし焔の絆
 ・競うは地の誉れ
 ・水の調べは霊霧の導き
 ・風と瞬天の戦い
12.Rising Up:ゼスティリア
13.Battle between one and all:ベルセリア
14.Eternal dream:ベルセリア

アンコール1..ねこにん道:ベルセリア
アンコール2.flying:エターニア
アンコール3.夢であるように:デスティニー


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.