kusunoki.png
某動画のファンブルクイーンさん
敬語口調性格控えめ(コミュ障)眼鏡っ娘居合剣士とか特定層を殺す属性の持ち主すぎてやばい
最後まで救いを諦めずに自分の信念を貫いたその姿が本当に大好きでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでこんばんは。
ここ最近はTRPG動画(Verクトゥルフ)を観るのがブームです!
ゲーム実況観るのが結構好きなんですけど、もう概ね気になる奴見ちゃったんだよね。
ちょっとした新ジャンル開拓気分で特攻しました。

TRPGは、ざっくり言うと実際に探索などを行う「プレイヤー」、シナリオに沿って進むよう全体を統括する「進行役」に分かれて行うボードゲームの一種です。
俺も動画みてるだけで実際やったことないからあんま詳しくないけど。

プレイヤーは自分たちの職業を決めて、進行役が案内するシナリオ上の登場人物として立ち回ります。
基本的には普通のゲームと一緒で、情報集めて、目的地に行って、場合によっては戦ってって感じでプレイヤー同士連携しながら進んでいくけど、何よりも特筆すべきはその自由度の高さ!
例えば進行役の「リンゴがある。どうしますか?」って質問に対してプレイヤーが何かしらの行動を取るわけですが、これが普通のゲームなら「食べるor無視する」から選択するとかだけど、TRPGでは食べる、取る、無視、投げる、全てがプレイヤーの自由!
仮にシナリオ進行上絶対必要だろって鍵を見つけたとしても、極端な話それを壊してもいいわけです。
そんなプレイヤーの自由な行動に対して進行役はその都度アドリブで答え、かつシナリオから大きく外れないように対応していくわけですが、見てる側としては面白いけどこれ実際やるとすげー大変だろうねw
プレイヤーか進行役が度を越えて身勝手に動いたら一瞬で話が崩壊するものね、これって。
だから同じシナリオ、同じメンバーでやったとしても、毎回まるっきり違う話になるなんてザラとの事で…。

1ゲームが長いからまだ2作(下の奴)しか見れてないけど、そのどちらも話が本当に凝ってて、これをクトゥルフ神話を基礎にしてるとはいえ一から全部創作してるってマジすげーなって思います。





面白い…というか、精神とか倫理的な面で凄い考えさせられるような内容なのが沼男(上の奴)で、起承転結がはっきりしてて全体的に映画みたいな構成で盛り上がるのが闇を~って感じかね。
闇を~は演出的にもストーリー的にも各人の動き的にも見どころが多くて、あまりの面白さに総計で10時間近い動画にも関わらず1日で一気に見切りました。眼超痛くなった。
どちらも正直綺麗なハッピーエンドでは終わらないし、プレイヤーの心を抉るようなシナリオではあるけど、本当に救いがねーなって思うのは断然沼男の方!


今更感あふれるけど一応ネタバレ回避って事で追記。

「沼男は誰だ?」という表題の通り、これは沼男“スワンプマン”って化物の話なんだけど…。
このスワンプマンは人間を食べてしまう化物なんだけども、食べた人間をそっくりそのままコピーして、本人と入れ替わりながら増殖を続けていくって性質の持ち主なんですよ。
食べられる側は一瞬の出来事だし、コピーした後のスワンプマンは自分自身をその食べた本人と思い込んで、何事もなく生活を続けるし、まったく同じだから周りも一切そのことには気づかない。

例えば俺…アルトがスワンプマンに食べられてアルト(沼)が生まれる。
アルト(沼)は自分のことをアルト本人だと思ってるし、本当の自分が死んでる事にはまったく気づかないし、周りの人もアルト(沼)をアルト本人だと思うから何も疑問には感じない。
そう、表面上は誰も困る人が居ないのです。
だって「アルト」って人間自体は居なくなっていないのだから。

自分が死んだって事実を知るのは食べられた「アルト」本人のみです。
誰も気づかないし、それを知る手段も無いのであれば、別に本人だろうがスワンプマンだろうが同じです。
実は街はもうスワンプマンだらけで、場合によっては自分たちもすでにスワンプマンなのかもしれない。
その事実を知ってしまった時、あなたはスワンプマンの存在を認めますか?あるいは殺せますか?
これは、そんな明確な答えは無いであろう残酷な問いかけをしてくる話でした。

倫理的に、というかもう普通に考えたら絶対受け入れたくないじゃんこんなの。
スワンプマンが人類に混ざることでいつか自分も殺されるかもしれないし。
一応弱点はあって、スワンプマンの母体を殺してしまえばスワンプマンも全滅するんだけど…
とはいえ、元は化物でも変化してしまえばそれはもうその人本人と言えるわけで。
それはある意味で入れ替わる前の人たちを母体と一緒に殺す事にもなるわけで。
かといって放っておけばいつか人類全部スワンプマンになっちゃうし。

仮にそんな世界に自分が居たとして。
根本的に「スワンプマン」って存在自体を知らなければそのままでいいのかもしれないけど、存在を知っちゃったらそんなもん受け入れるのは無理だよなぁって気はするよねやっぱり。
だって知らない内に自分の親兄弟、友達、場合によっては自分が化物になってるんだよ?
いくら気づかなくても嫌じゃん。というかもう「お前本物か?そもそも俺は?」って誰も信用出来なくなるじゃん。
自分で自分を存在レベルで信じられなくなったら、それはもう死んでるのと同じだと思うんだよね

そう思うと、間接的な大量殺人になるとしても、母体はさっさと見つけて倒すだろうなって気がする
そうすれば少なくともそれ以上犠牲者が増えることはなくなるわけだし。
一つ確実なのは、母体を倒そうが放置しようが間接的に多くの死に関わる事にはなるから、そもそもそんな選択を迫られてしまうような状態になった時点で相当に不幸だって事だろうね


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.