ababa.png
赤いチェックにセーターの組み合わせがすごい可愛いよね!って個人的に思います
ここにマフラーかなんか羽織ってみてもいい
自分がそんなファッション興味ないからアレなんですけども、こんな感じの可愛い!とかをいざ絵にしようって思ったときにぜんぜん思いつかないのでいい加減その辺りにも興味もとうねって思いました。

いや、別に興味ないわけじゃないんだ
ただあれだけ無数にある服の中からセンス良く選び出すことが出来ないだけなんだ
ついでに好きなものだけ選んでると最終的に家のタンスの中身が一緒になるだけなんだ

・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでお久しぶりですこんばんは。
先日身内の不幸がありまして色々とバタついてました
1月にしてすでに今年一年分ぐらい泣いた気がします…。
出来ればもう体験したくないけど、嫌でもこれから増えてくる事なんだろうな やだね…


それはさておき、ニーアレプリカントDエンドまでみたよ!
通常RPGって通常エンドを基準に条件満たすとだんだんハッピーエンドに近づいていく、ってのが一般的だと思うのですが、これはそんなことはなくDに近づくほど救いがなくなっていったよフッフゥ
救いがないというより、救いはあるけど切なさが増すというか…
ご存知Dエンドはセーブデータが全部消し飛ばされるわけですが、消し飛ばされる過程もその後の展開も納得いくもので非常にすっきりした気分で終える事が出来ました。
多分二度とこのゲームを起動することはないと思う(良い意味で

今更だからネタバレとか気にせずに書きますけども、初回では敵が喋ってることはなにもわからないんですよ。
で、二周目以降はどんなことを喋ってるのかがわかるようになるんですよ。
そうすると敵は敵でいろんな事情を抱えていて、場合によっては主人公たちのほうがよっぽど侵略者じみてるような事情や状況がたくさんあって…
正義の逆は悪じゃない、って感じの物語でした。
互いに譲れない事情があるからこそぶつかり合うものだよね
(ただしこの場合お互い会話が通じてないからそこに対話はないけど)

大体ボタン連打で終わるし強化とかぶっちゃけ必要なくね?と思う程度に店売り武器が強かったり、各所のバランスは結構大味気味に感じるところも多かったけど、作りこまれた物語、場面にあったBGM、ネタバレが広まってるからこそあまり驚きは無かったけどセーブデータすら消し飛ばす演出などなど、やりごたえは充分でした!
アクションRPGが好きでストーリー重視って方にはおすすめの一本です 今更だけど

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.