kanako.png

一時期はネットでもツイッターでもモバマス一色だったのに、今や話題の全てを艦これが持っていってるから新カードとか追加されても話題にすらならなくなりましたね…世知辛い世の中よ( ´ω`)

艦これは人気凄すぎてなんかもう引くレベルなわけですが地味にやってはいます
でも根本的に時間回復系のってじれったくて苛々しちゃうのでハマる事は無さそうです
「時間を金で買える」を実感出来るのがこの手のブラウザゲームとかモバイルゲームの特徴だとは思いますが、どうしても回復ぐらい自由にさせろよって思っちゃうよね…

・・・・・・・・・・・・

先日珍しく美術館に行ってきました!
pixivで好きな絵師さんが展覧会に参加されてるとの事でして、それを見に行ってきたのです。
美術館の中にいろんな人が展示出来るような貸しスペースみたいな場所がありまして、今回の展覧会もそのスペースの一部に設置されてたのですよ。
で、その展覧会だけじゃなくて、多分近場の美大の学生さん?の作品だったりとかも目一杯展示されてたので、せっかく同じスペースにあるし、入場料も払ったしって事で結構のんびりと眺めてきたのですが…。

これがもうね、なんだろう…言葉で表現出来ないような作品がすげーいっぱいあるの。
例えばキャンバスを目一杯ただ一色に塗りつぶしてるだけにしか見えないんだけど「過去と未来」なんてタイトルがついてたり、あるいはキャンバスに直接ペンキごとぶちまけました!って感じの絵に「母なる抱擁」みたいなタイトルがついてたり、一見しただけじゃまずわからないような世界がそこにあったよね…
これのどこが過去と未来表してるの!?みたいなさ。そんな衝撃?

学生の時美術の教科書でよくみた光景がそこには広がっていたわけですが、実際に目の当たりにするとなんかもうすげーなって感想しか出てこないの。
綺麗とかそういうわかりやすい単語で表現出来ない感じ。
どんな頭をしてる人がこういう絵が描けるんだろうなってしばしその場で絵を眺めながら考えこんじゃうような、そんな絵が盛りだくさんでした
中にはこれ描いた人精神状況大丈夫?って物もあったりしてね。
同じ顔がひたすら並んでる絵とかもあったからあの辺深夜にみると中々に恐怖だと思う。

絵だけじゃなくて立体物もあったんですけど、こっちは絵とは真逆で一見してわかる凄さ!
木を削って作られた大規模なオブジェだったり、空き缶とかをつなぎあわせて構築された幻想的な塔や動物だったり、全て紙で作られた鷹だったりとまさに職人芸としか言えない物が盛り沢山!
特に鷹はホント凄かった 紙って言われないとまず気づかないし、全部紙だよ!って言われてもにわかには信じられないぐらい精密な剥製でした
世の中には凄い人がたくさん居るもんですねー…

目的だった展覧会もしっかり堪能してきましたが、インパクト的には見慣れたその絵師さんの絵よりも前衛美術的な作品群の印象が強いですw

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.