今日はFF展に行って来ましたー!
このタイミングで日曜休みだった事に僕は深く深く感謝する。
とはいえ、突発な思いつきで行く事に決めたので色々と準備とかが遅れ、物販とかはほぼほぼ完売してるし現地についたのも3時過ぎだしで中々にカオスでしたw

そんなこんなで、今夜はさっくりFF展レポをお届けするよ!

・・・・・・・・・・・・・・

そもそもFF展は特定イベントの参加券がなくても普通に見る場所があるものだ、って事を知ったのが今日のお昼過ぎでして。
それから「え、マジで!?じゃあ行こう!」と決めた頃にはもう一時近くて、これまた突発で誘った友達と合流したり渋谷で迷ったりなんやりしてたら現地についたのはなんと三時過ぎ!
イベント自体は八時までやってるのですが、この手のイベントに参加するにしてはわりと出遅れた感じ。
当然すでに長蛇の列が出来てまして、受付から会場に入るまでに大体2時間待ちだったかな…?
一応駅構内なので雨とかの心配はなかったんだけども、駅特有のこもった暑さに密集した人の熱気が加わり、更に自販機は軒並み完売で水分追加も出来ずで中々にきっつい環境でした;
とはいえ、それだけの環境でも列は伸びるばかりで、散々最近のFFは駄目だとか言われまくっててもやっぱり好きな人はこれだけたくさん居るんだなーってなんとなく感動しましたw
男女比率も半々ぐらいで、わりと高齢の方や子ども・赤ちゃん連れで来てる人とかも居て、年齢問わず幅広く愛されてるんだなぁ、と。
KH仕様の3DSでチョコボの写真撮りまくってる子とかもいて、家族ぐるみでFF好きな感じがとても微笑ましかったです。ヴァナ婚(FF11プレイヤー同士の結婚)とかした方々なのかな。


そんなこんなで並ぶこと数時間、ようやく会場内へ。
会場は数ブロックにわかれていて、おおまかには衣装や武器の展示に始まり、歴代FFのムービー、設定資料や企画書の展示、ジョブ適正診断、天野さんの原画展示、物販、ブリゲイドガチャ、チョコボカフェ、ガンガン系作者の寄贈イラスト展示って感じになってましたー。
各コーナー箇条書きでつらつらと。

・衣装展示コーナー
等身大のバスターソードは実際にみるとゲーム中以上に巨大で、あれを片手で振り回すんだからクラウドにザックスはとんでもねーなと改めて思った。
FF14の武器も展示してあったのですが、武器は銃も含めてどれも人が扱うには大きくかつ重厚感もありそうで、あんなものを振り回すんだからFFキャラは(ry
あとミッドガルの模型もあった!部屋の中心にデデーンと陣取ってて中々の存在感でした。
中でも人気があったのは、先日発表されたFF13新作のイメージイラストの展示ですかねー
ライトニングの絵なんですけども、これがなんと驚くことに油絵!
アナログはアナログでも、油絵がゲームのイラストに使われるのってかなり珍しいんじゃないでしょうか。

・ムービー
FF1~14をダイジェスト気味に、そして最後に謎のムービーが流れましたー。
多分なんかの召喚儀式中に銃で武装した集団の襲撃に合い、召喚士達の責任者らしき人からクリスタルを託された少女が魔法と召喚を使ってこれを撃退する…みたいな内容なんですけども。
FF15って表記は無かったから、多分「今の技術でFFを作るとこういうものが作れますよ」って事を表したデモムービー…かな……?
ちゃんとキャラもいて、話もあって、世界観みたいなものも設定されてるっぽかったから、FF15じゃないにしても今後なんらかの形で発表される新作なのかも?
周りの反応も「あれは一体なんなの?」って印象が強かったのか、ムービー自体の凄さよりも唐突感と戸惑いが上回ちゃってた感じでしたw
映像自体はFF13よりも更に現実味を増し、傷の汚れとかの表現力も更に向上、そろそろゲームって枠をぶっ壊してきそうな感じです。

・企画書展示
歴代のラフ画や絵コンテだけじゃなく、実際の開発中の会議に仕様されていたであろう企画書の一部とかも展示されてて、かなり見応えのあるスペースでした。
時間単位でブロック移動するから急いでぱーっと見ちゃったけど、時間さえ許してくれるなら満足するまでいつまでもみてたい感じの空間。
ちゃんとティナがまだ金髪だった時の初期設定画とかもあったよ!
4の開発中仮パーティ画面の図が公開されてたのですが、何故かメンバーの名前が全員「ザリガニイル」ってなってて軽く吹いた。誰だ貴様らw
設定の書き込みとかはやっぱりシリーズが進むに連れて濃密になってく印象。
FF13の世界観イメージとかすごかった

・ジョブ適性診断
画面の前を歩くと自分の頭の上にその人のジョブが表示されるスペースで、赤ちゃんがナイトだったり、可愛らしい格好した女性の方がモンクだったり、中にはモーグリと人ですら無かったり、見てて面白い場所でしたw
ちなみに俺のジョブはバーサーカーらしいよ。
よりによって狂戦士て…私はもっと紳士でありたい

・天野さん原画展
メインビジュアルになってるだけあって絵的な新鮮味はないけども、印刷とかじゃなくて本当に原画が展示されてたので見応えは充分!
デジタル作業とかじゃなくて、ちゃんと大型の用紙にアナログで描かれてるの。
画材の質感とかまで間近に見ることが出来てかなり貴重な体験になりましたー
全スペース中唯一警備員の方も居たので、多分あれらの一枚一枚は凄まじい金額になるのだろう。
一枚五万とかなんかじゃ買えないレベルなんだろうなきっと

・物販
25週年記念グッズを中心に、会場限定CDだったり色々売ってましたー。
行った時間があれだったから仕方ないっちゃ仕方ないのですが、欲しいと思うものの大半が見事に完売してたのでその辺は若干残念!
マンドラゴラのクッション欲しかったんだけどなー…
サントラに至っては限定CD4枚中3枚が完売してて、出遅れた感満載でした。
とりあえずパンフレットに限定CDの一枚、それと特典CDは貰えたので満足ではある。
このスペースでは常に大画面スクリーンにゲームの映像と曲がその曲の収録サントラ名と一緒に流れてたのですが、あの売り方は駄目だと思うんだ。反則ですよ。
FF好きな人しかこないんだよ?
FF好きなら映像みて曲聴いたらテンションあがるじゃん?
その映像流れてる真下でサントラ売ってるじゃん?
そりゃまぁ買っちゃいますよね。ためらいなく。
ええ、ためらい…なくね…(自分の財布をみつめつつ

ブリゲイドガチャはスルーしたので割愛。

・チョコボカフェ
あなたの疲れた身体に癒しを…
  ノンアルコールカクテル ――ダイヤモンドダスト――

商品名からそんな感じの煽りを感じた。
色合いは上に行くにつれて青みが強くなるグラデーションがかかったエメラルドグリーンで、ジンジャーエールとアップルをブレンドしたカクテルだそうです。
いつぞやかのポーションと違って普通に美味しかったです。ポーションをこのクオリティで出せ。
ちなみに会場限定お土産お菓子は軒並み完売してました(ヽ´ω`)

・ゲストイラストコーナー
ガンガンなどでお馴染みの漫画家さんだったりなんやりが描いた思い思いのFF画。
個人的にはぱにぽにの作者さんが描いた白魔道士と、黒執事の方が描いたFF6画が印象的でした
あとちょっと作者さんは忘れちゃったんだけど楽しげな雰囲気のFF10画描いた方のとか。
このゲストイラストをひとまとめに製本すればこれはこれで売れたんじゃないだろうか、と思う程度には見応えあるコーナーでした

…とまぁ、そんなこんなで非常に濃密な空間になってました!
各スペースもしっかり入場人数が区切られてて、ある程度ゆっくりじっくり見れたのも嬉しい限り。
今回は今日で閉幕してしまいますが、また同じような機会があればFFファンの方は是非是非!
並ぶだけの価値はあるし、遠方からでも来る価値がありますよ!
ずっとはしゃぎっぱなしだったから結構体力つかったけど、心地良い疲れなのです。


久々の長文失礼しましたー


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.