今日はおおかみこども観に行って来たよ!

主人公である花とおおかみおとこの出会いから始まり、結婚、出産、子ども達が自立していくまでの13年間を二時間に濃縮した内容で、サマーウォーズとはまったく違った方向性の面白さでした。
「面白い」って感想はあんまりしっくりこなくて、見終わったあとは見る前よりも優しい気持ちになれる気がするような、そんな余韻を残す感じ。

花はいつだって笑顔を絶やさない素敵な人で、優しさとか、包容力とかもそうだけど、それ以上にいろんな面での精神的な強さが印象的でしたー。
ああ、母親ってすげぇんだなと改めて思った。偉大。
子ども二人は性格も生き方も見事に真逆で、これから先どんな道を選んでいくのかを花と一緒に見守るような感じでした。
幼年期ははちゃめちゃだった雪も、引っ込み思案で泣き虫だった雨も、物語の最後にはそれぞれ立派に自立していくので子どもの成長ってすげぇ。

13年分を2時間にまとめてるので、話のテンポはかなり早めな感じです。
個人的にはもうすこし長くても良かったんじゃないかなー、って物足りなさが…
要所要所の話が説明不足とかなわけではないんだけど、一年が吹き飛ぶようなスピードで動くから子ども達の成長速度が半端ないですw
基本的に花視点で話が進むので、雪と雨に関わる人物関係とかが知らないうちに出来上がってるから、各人物の掘り下げとか後日談みたいな物があればみてみたいなぁ。

わかりやすい盛り上がり所とかはあまりないけど、観終わったあとに今までの人生とか、選択してきた道とかをふと思い返したくなったり、なんとなく今までより人に優しくなれるような気がする、そんな不思議な余韻を残してくれる良い映画でしたよ!
宮崎あおいさんの声が凄まじくぴったりというか、花の雰囲気とかイメージにこれ以上ないぐらい違和感がまったくなかったので、その辺りが個人的に一番感動したとこかもしれないw


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.