遂に明日で今年も終りですね~。
明日は一日中イラコン用の絵と年賀状描きやるだけで終わるだろうな、多分w
さっき突発的に年越し絵茶でもやろうかと思ったけど、突然やっても人来ないか。
もう少し早く思いつくべきだったね(笑)

…つか、このブログで絵茶開くとどんな人が来るんだろ。
今までは誰かの所に参加させてもらった事しかないからな~。

・・・・・・・・・・・・

・文学少女。
特装版DVDを観たぜ!
声が物凄くイメージ通りで、遠子先輩がめちゃくちゃ可愛い!
あんな声でこの上なく楽しそうに、時には切ない表情で語られたらもうね。
誰だって遠子先輩に惚れると思うんだ。あれは反則。

心葉のツッコミとかもいい感じだし、やっぱり動きがつくと違いますね~。
遠子先輩と言えば本を何かの味に例えて語ることですが、その語りが映像付きで流れるから、小説以上にわかりやすく、かつ見てて楽しい内容になってましたー。
特に、心葉が書いたいじわるおやつの感想がスゲェ笑えたw
心葉が書いたメチャクチャな話も、それに対して遠子先輩が言った味の感想も、ホントそっくりそのまま映像になってるんで、原作を読んでる人達なら間違いなく笑えると思います(笑)

劇場版は出演メンバー的に『死にたがりの道化』が元になるのかな?
思ってた以上にいい感じのアニメになってたんで、どーせなら全部の話がみたいけど…。
流石にそれは無理な願いかな^^;


・ファンタシースターポータブル2。
ちまちま進めて、現在第4章に入ったとこです。
ストーリーミッションはある程度自分のレベルに合わせられるとはいえ、流石に最速のタイミングで突っ走ってるとかなり戦闘がキツイですね^^;
たかが3匹(このゲーム基準だと3匹は少ない方)ぐらいに袋にされただけでも一瞬で死ねるw
終始突っ込むのは恐ろしすぎるので、基本的には双銃メインのチキン戦法でやってます。

それにしてもエミリア可愛いよエミリア。何この娘。惚れるぞ。
あのすっごい恥ずかしそうにお礼を言ってくるのが破壊力高すぎる!
基本的に主人公に依存してるから、弱音も強がりも全部素直に言ってくるってのがまたヤバイ。
二人旅を楽しみたいので、強制じゃ無い限りはエミリアだけをパーティに招待してますw
そんな素敵生活の中に突然現れ、更にエミリアになついたっぽいユートは障害以外の何でも無い。
お前なんてストーリーの時以外は絶対誘わねーぜ、一人で修行してろバーカ!(←


・FF13。
ようやく12章に入ったとこですよー。
やっと終りが見えてきた…かな?
話の流れ的に多分そろそろ終盤だと思うんだけども。
11章はホント雑魚もボスも容赦なく殺しに来る奴らばっかで、毎戦闘修羅場だった^^;
途中から姉さん&ホープ&ヴァニラのヒーラーメンバーで構成してましたw
もうね、エアロガ連発とかされると回復役が一人じゃ手が足りないんだよね。特にボス。

以下ネタバレてます



まさかのバルトアンデルス再登場、相変わらず容赦ない全体攻撃+膨大なHPでした。
性格的にも最悪だし、もうホント大っ嫌いだコイツ!
でもなんかもう一回ぐらい戦いそうな気がしてならない、つかむしろコイツがラスボス?
オーファンとかコクーンの存続に関わるファルシは破壊しちゃ駄目らしいから、後壊さなきゃいけないファルシっていったらバルトアンデルスぐらいだよなぁ。
パルスの予言にも悪人として登場してたし。
塔に出てきたファルシも20回近く全滅する羽目になったし、そろそろファルシ恐怖症になりそうです(笑)

パルスは地獄と伝えられてはいたけど、俺としてはコクーンよりもずっと和やかな世界に感じたかな。
生存競争は激しいし魔物も出るけど、少なくとも人同士の争いは無く、自然もすっごい綺麗だし。
ヲルバ卿に残されてた生活の跡とかがメチャクチャ切なかった…。
パルスの脅威だなんてとんでも無い。
生活の跡からわかった事は、パルスの人たちもコクーンの人達と同じように、普通に食事をして、寝て、遊んで、誰もが協力しながら仲良く暮らしていた…そんな風景で。
文明的にも俺らの世界と近い雰囲気があったし、村の近場にあった湖も奇麗で。
なのに、今その村に居るのはシ骸だけってのもまた切ない。
このシ骸達も、元はきっとここに住んでた人たちなんだろうね。
出来ることなら、滅ぶ前のヲルバ卿に来たかったな…。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.