・大学開始ー。
今日から新学期の始まり、俺ももう大学3年だってさ。早いもんだね。
このブログは大学に入る前に始めたから、大学に入ってからの大まかな出来事は全部ここに書いてあるんだな~。そう考えると日記って結構貴重なのかも知れない。

ま、それはさておき。
友達の大半、特にビリ部の奴らと会うのはほぼ2ヵ月ぶりだったんで、久々に色々と話したりゲームやったりと楽しかったです。
64版のスマブラなんか相当久しぶりにやった気がするよw
ビリ部の中に一人意味分かんないぐらいに強い奴が居まして、そいつと1時間程サシでやり続けたら物凄く疲れた。しかもそんだけやったってのにわずかに一回しか勝てなかったし^q^
その一勝の為に、一体何匹の電気ネズミが犠牲になった事やら…;
腕の至らないプレイ主ですまん、ピカチュウ。

授業とか説明だったりは正直かったるいけど、やっぱ学校って楽しいよね!
まぁ後1週間も経てば「うぜー、だりー、休みてー」が口癖になってるんだろうけど(笑)
や、むしろ今日の時点ですでに早く夏休みになんないかなー的発言をした気がするな(←



・以下プレイレポ。
予想通りというかなんというか、例のボスで詰みました。誰か助けて。

私信>さやさん、マサラさん
私信扱いですみませんが、2万打&4万打おめでとうございます!
これからも更新楽しみにしてますねw
前回まで

では、続きから。

~救いの塔~ウィルガイア~
・VSクラトス。
最初から勝つ気は無いんで、全滅狙いの戦法(ノーガード)で。
・毎度思うけど、コレットは戦闘中もイベントの時ぐらい高く跳べば良いのにね。
そうすりゃ詠唱妨害されないのに。
・こんな態度のでかい捕虜が居るわけないだろ。騙されんなよ天使。
・無重力空間って一回行ってみたいな~。色々と楽しそうじゃね?(一応否定しておくけど、ゼロスみたいな事は考えてないよ?)
・VSユグドラシル。
ただ1分間耐えれば良いだけだし、特に苦戦する事なく終了。

~フラノール~
・みんな大好きデートイベント、相手は勿論コレットだぜ!
シンフォはもう何周したかわからないぐらいの勢いでやりまくってるわけですが、クラトスルートを選んだ時を除いてデート相手は毎回コレットで固定ですw
・デート相手がコレットになるまでの流れ。
周回プレイ → 好感度を引き継ぐ → コレットの好感度初期値があり得ないぐらいに高い → 毎周ほぼ確実にフラノール到着時点での好感度1位はコレット → コレット以外をデート相手に選ぶ=コレットの誘いを断る → 僕には無理だ → 結局コレットをデート相手に → デート相手は好感度が1位になる仕様 → このデータで周回プレイ開始 → 好感度を引き継ぐ → 以下エンドレス。
・ところで、フラノールの雪うさぎって雪で出来てんだよね?溶けないの?w
・デート後、コレットをパーティトップにして教会の人に話しかけるとちょっと面白い。

~寄り道:VSソードダンサー(3回目)~
・プロネーマ~ユグドラシル戦の前に、せめてロイドの装備だけでも強化しておきたいので。
本来ソードダンサーは倒さなくても良いボスであり、その強さはラスボスを軽く凌駕します(まぁ元よりラスボスはそんなに強くないけど)。
ゆえに、安全に戦うならばレベルは60以上は欲しいところ。
そこを今回は平均レベル20程のメンツで挑むわけで…。
ああ、苦戦すんだろうなぁ;

■戦法を考える。
さて、後ろ向きな事ばっか言っててもしょうがない。
今回も主軸にするのはやっぱグランドクロスだろ?弱点光だし。
そこを先生のフォトン&ゼロスのジャッジメントで援護、ロイドはいつも通り壁役…っと。
ソードダンサー3回目はどちらかと言えば魔法攻撃主体だし、物理攻撃がきたとしてもまぁガードすればロイド:Lv10の防御力でもなんとか抑えられんだろ。魔法なんか避けりゃいい話だし。
よし、とりあえずこれでいってみよう。

■無謀な挑戦、開始。
はっはっは、全然無理!2万しか削れねぇw

まず、1つ目の誤算。
ロイドの防御力じゃ全然耐えらんない。詠唱時間が全く稼げない。
仮に全部防御したとしても「にゃー!」ってなるし、防御技でさらにダメージを抑えたとしてもやっぱり「粋護にゃー!」ってなるから話にならん。

で、2つ目の誤算。
“どちらかと言えば魔法攻撃が多い”って事までは良くても、それが毎回必ずロイドを狙ってくれるとは限らないわけです。むしろロイド以外の人が狙われる確率が高い上に、ロイド一人じゃ詠唱も潰せないから、魔法一発ごとにほぼ確実に後衛の誰かが死ぬ。アホか俺。
この戦法で正しかった部分は、“グランドクロスを主軸にする”ってとこぐらい。
ジャッジメントじゃ判定がランダムすぎてまったく頼りにならない。
むしろ、どーせランダムだったらメテオスォームの方が強い気がする。

■舞台に上がった天才魔導師
使えない神子様には舞台を降りて頂き、それにかわってジーニアスを投入。
そしてただひたすらにメテオスォームを唱えてもらう。
でもってロイドは死ぬたびにライフボトルorレイズデッド。
レイズデッドをやらせると攻撃の手が緩み、その隙にダンサーの魔法が飛んでくる。
そうすると後衛の誰かが死ぬ。
ライフボトル使う。
死ぬ。
蘇生。
死ぬ。
蘇生。
ライフボトル無くなる。

……ダメージは上がったけど、これって結局さっきと何も変わってないような…?


■作戦を立て直そう。
『メテオスォーム』は詠唱時間のわりにダメージにバラつきがあるから止め。
かわりに、単発の威力が高い『エクスプロード』に変更。単純に威力だけなら『インデグネイション』の方が上だけど、魔法発動時のエフェクトが派手すぎてダンサーが何属性の詠唱をしてるのか判断出来なくなる為却下。
で、長時間相手を押さえつける為にロイドの技:『秋沙雨』と『獅子千裂破』を解放。
ロイドが頑張れば頑張るほど魔法を撃てる確率が上がる。頑張れロイド。
Hit数による経験値ボーナスはこの際気にしない事にする。つか、そんな余裕は無い。

次、魔法対策。
ダンサーが使ってくる魔法はイラプション・フレイムランス・グランドダッシャー・インデグネイションの四つ。そのうち致命傷になりやすいのはイラプションとグランドダッシャーの二つだから、装備品を駆使してとにかくその二つの耐性を強化。
単純に威力だけなら一番怖いのはインデグだけど、これに関しては魔法発動を確認した後でも余裕で避けられるので問題無し。ロイド以外が狙われた場合は、その時だけ操作キャラを切り替えて回避すればOK。

次、防御面。
ガードしちゃ駄目だったら、ガードせずに壁になれば良い。
ダンサーの攻撃がギリギリ届くぐらいの間合いを取って、攻撃が来たらバックステップで避ける!そしてすぐに間合いをつめる!ミスって死んだら即ライフボトルを使う!
ロイドが居なくなる=全滅を意味すると言っても過言では無いので、とにかくロイドは誰よりも優先的に全力で生かす!……まぁ、操作してるの俺なんだけど


■カーテン・フォール
ライフボトルが残り3個まで減ったものの、どうにか↑の戦法で撃破!
余分な経験値が入らないようにジーニアス以外は死んだ状態で放置したし、我ながら完璧な作戦だったな!(止めを刺す前のHP調整に失敗して、残りHP1200まで削っておきながらも全滅したのは内緒の話)
…ちなみに、倒すのに総計で4時間程かかりました。

20090402183629_20090407234914.jpg
↑この状態にもっていくのがどれだけ大変だった事か…。
グレードの低さがこの戦闘中の死亡数を物語っています。


ここまでのレベル→
20090402183747_20090407234914.jpg
なんだかんだで平均レベルは結構上がっちゃいました;
ED時にロイドのレベルがまだ10代だったら上出来かな…。

テーマ:テイルズ - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.