・俺の夏休み、終わっちゃった(´・ω・`)
てなわけで本日で夏休み終了です。
なんか去年に比べるとロクに休めなかった気がします。
でも今月入ってからはわりと遊びほうけてたので良しとしておきます。
それはさておき、これからバイトです。
これから、というか正確には21時からだからまだ若干暇なんですけども。
…しつこいようだが、あえて何度でも言ってやるさ!
徹夜してまで働きたくねーーーッ!!!

…や、別に徹夜はいいんだよ。
問題なのは、明日普通に大学があるってことなんだよ。
あんだけ店長に「本当嫌なので止めてください」って頼んだのに…むぅ。
まぁもうココまで来たらわめいてもしょうがないし、素直に働いてくるか…。あーでも本気で嫌だなぁ(いい加減諦めろ

・僕はこの世界を否定する!!
現在最終楽章まで進みましたが、あらゆる意味で超展開すぎて吹いたw
今まで推理ゲームだったのに、6章から急に戦闘主体のRPGに変わっちゃったし。
話の方もいろいろ端折りすぎててところどころ意味不明だし。
超展開すぎて突っ込む気が失せるどころか逆に笑えてくるぜ!
こんなゲームはトラスティベル以来ですw
そして今まで戦闘避け気味で来たからボスラッシュが物凄い辛い。誰か助けて。

・魔法学校。
マジアカの方もとりあえずセーブデータだけ作成しました。
まぁ未だにキャラどうしようかでちょっと悩んでるんですけども…。
己の本能に従うならばアロエだが、己の魂に従うならばサンダースも捨てがたい。素直に可愛さに走るか、それともネタに走るのか…それは一つの大きな分岐点だろう(何
一応サンダースで始めてはみたものの、近い将来この選択を後悔しそうな気がしてならない。今からでもアロエにするべきか…?でもサンダースも面白いんだよなぁ。

それはさておき、これってホントにひたすら問題解き続けるんだね。1人でやってると速攻飽きそうな気配がしてならないぜ!w

・どうやらセガが本気を出したようです

これは…きてるぞ…!!!いつ発売なんだ!
相変わらずの恐ろしいまでスピード感、ウェアホッグも思ってたよりも動きはやいし結構面白そう。一瞬名ッコみたいな声が聴こえたのは気のせいだよね?w


・以下はプレイレポです。



前回まで→
第一部(ゲーム開始~水道魔導機の核奪還まで)
TOV第二部プレイレポ・1 -凛々の明星設立~幽霊船遭遇まで-
TOV第二部プレイレポ・2 -幽霊船~ノードポリカ出発まで-
TOV第二部プレイレポ・3 -カドスの喉笛~ヨームゲン到着まで-
TOV第二部プレイレポ・4 -ヨームゲン~カドスの喉笛まで-
TOV第二部プレイレポ・5 -ノードポリカ~ダングレストまで-
TOV第二部プレイレポ・6 -テムザ山~ミョルゾまで-
TOV第二部プレイレポ・7 -ヨームゲン~バクティオン脱出まで-

では続きから。

~移動要塞 ヘラクレス~
・地味に見つけるの時間かかった…。
まさか海上に居るとは思わなかったよ^^;
・フレン達は海上から、ユーリ達は空からそれぞれ進攻。
・オッサン!生きてたのか!
・全員にボコられてまた死にそうになってるww
特にリタからは強烈な一撃がお見舞いされまれてました(笑)
・画面が微妙にゆれてて酔う…。早く進もう;
・広いしトラップ多いしで面倒なダンジョンだなぁ。
・…制御室に居るはずの護衛がすでに全員倒されてる…?なんで?
・どうやらザギの仕業だったようで。ホント厄介な奴に気に入られたなぁ、ユーリ…。
・VSザギ SM:強制的に毒を解除する
自分から毒状態になるとか…コイツ、マゾか?(違
・「どうしたユーリ!俺より大切なものなど無いハズだ!」
この発言はねーよwwww
さっさと海に落ちやがれこのストーカー野郎!
・…と思ったらあっさり復活、制御版を破壊してユーリ達もピンチに。
その状況を救ってくれたのは意外にもイエガー…。
一体コイツは何考えてんだろ?ユーリ達の敵である事は確かなんだろうけど、かといってアレクセイに忠誠を誓ってるってわけでも無さそうだな…。
・その後主砲が発射されちゃったりなんやりとゴタゴタはあったものの、とりあえずこの要塞に関しては制圧終了。
・なんにしろここにアレクセイは居ない、か。無駄足踏まされたな…。

~帝都ザーフィアス~
・結界が無くなってる…?
つーか禍々しいなオイ。何が起きてんだ?
・エステルを助けようとする→アクレセイがエステルの力を解放する→ユーリ達吹っ飛ばされる→みんなボロボロ。特にリタとカロルは重症。
…吹っ飛ばされる直前にエステルがユーリに「殺して」って頼んだ事をみても、もう精神的に限界が来てるみたい…。人一倍優しいエステルにとって、自分の力で誰かが傷つくのは耐えられないんだろうな…。

~カプワ・ノール~
・全員ボロボロだし、一度医者に見てもらって休みを取る事に。
・ヘラクレスの砲撃で出来た大穴のせいで街が孤立してる?
バウルは帝都で受けたダメージが大きくて飛べないし、これじゃ帝都に向かう手段が…。どうしたもんか。
・いつぞやか助けた家族の話によると、流氷が道みたいにつらなってこの時期だけ通れるようになってる場所があるらしい。今はそこを通っていく以外なさそうだな…。

~ゾフェル氷刃海~
・そこら中の氷に剣が刺さってる?
それで氷”刃”海って事ね。
・でっけー魔物が足元をぐるぐると。
どうやら敵意は無さそうだけど…いつ足場が破壊されるかわかんないし、あんま気分がいいもんじゃないな。さっさと進もう。
・オッサンは寒いのは苦手みたいですねw
砂漠の時はあんなに元気だったのに…やっぱ老体に寒さは辛いのかな?(笑)
・エアルクレーネを利用する魔物なんていんのかよ!?
さっきからずっと近場を泳いでたくせに一向に襲ってくる気配が無かったのは、ここにおびき寄せるのが狙いだったのか…!マズイ!
・動けるのはカロルだけ、今やらなくていつやるんだ!
・VS魚
まさかの先生単身特攻。使った事1回も無い上に先生の戦闘スタイルってもろ苦手なタイプなんですけどww
最初の方は素直に突っ込んで戦ってたんですけど…それじゃ動作が遅すぎて一発も攻撃が当たんなかったので、最終的に鬼神千裂ノック連発のチキン戦法に切り替えました(駄
・カロル先生がカッコいいぞ!
・全員解放、改めてVS魚。
フルボッコにしてあっさり終了です。
・カロルが疲れと安心で一時的にダウン。お疲れ、カロル…。

~ハルル~
・帝都からの避難民で人が溢れてる。
折角穏やかでのんびりしてる街だってのに、これじゃあ台無しだな^^;
・宿屋に泊まろうとすると貴族が横入りしてきたけど、店の店主が「部屋一杯だよ」って嘘ついて追い返した。ナイスだ親父。
・ヨーデルはフレンが助けたおかげで無事だったみたいです。
帝都も下町の人を除けば全員避難できたみたい…って、下町の人はどうなったの?
・皆に黙って単身帝都に向かうユーリ。

~クオイの森~
・…と思ったら全員に追いつかれた。
カロルには本気で斬られかけた挙句ボロクソに言われ、リタには「1回死んどけ!」と強烈な魔術をおもまいされて心身ともにボロボロです。オッサンはともかく、ユーリがボコされるのは珍しいねww
・てなわけで、全員で帝都に突入!

ここらでいったんきる。
多分次回で2部終了です。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム



















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.