C_Eod77V0AA2yYX.jpg
ニーアコンサート:「人形達ノ記憶」に行ってきました!
なんというか、素晴らしいながらも心がつらくなるコンサートでした…
朗読劇の内容が本編を補完するようなものなのですが、これがまた心に刺さる内容でね つらい

つらいと言えばゴールデンウィークが今日で終わりな現実が耐えられません
あと10年ぐらい休みたい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなで「人形達ノ記憶」(5日昼の部)に行ってきました!
前回の「滅ビノシロ 再生ノクロ」に続くニーアコンサート2弾、それはもう堪能してきました。
コンサートでよくある演奏前は携帯の電源切っておいて、とかのやり取りを2B&9Sが生でやってくれてたのですが、その時のやり取りがなんかもうまさに2Bと9Sでもうこの時点でニヤニヤものですよ!

「これらの内容を守れない場合、記憶領域を消去する」

「だいぶ慣れてきたのか、今回は一番スムーズでしたね。でも…ちょっとだけ噛んじゃいましたね?まぁ、そんなところも可愛いんですけど」
「…9S、あなたはふざけすぎ。」

とかそんな感じのやり取りがもうね!いいよね!!
この開場前アナウンス(影アナって言うらしいです)は全日程で微妙に違ったらしく、5日昼の部は上記みたいな和やかなやり取りでしたが、初日の夜なんかはA2&9Sで殺し合いながらの影アナが展開されてたりしたそうです。
なんかもう影アナ部分だけ別にまとめて収録したCD欲しくなるレベルだな!

前回公演は演奏にトークショーを交えた構成でしたが、今回は幕間に朗読劇を挟みながらゲーム内容に合わせた選曲で進行していく、ストーリー仕立ての構成になってました。
この朗読劇は公演時間事に内容が異なり、俺が行った5日の昼の部は2B/9S/ポッド042によるCルートにまつわる朗読劇だったのですが、9Sの叫びが生で聴くと本当に悲痛でなんかもう凄い。というかただただつらい。悲壮感が凄まじい。俺の語彙力が無い。
(なおそんな内容でも花江さん的には「全日程の朗読劇の中で唯一最後まで生きてたからこの内容は9S的にはハッピーエンドです」との事)
朗読劇の台本みた感じ、特別その公演の内容がつらかったわけじゃなくて、全日程全公演がメンバーと内容違うだけで総じて心がしんどくなる内容だったのでとてもニーアらしいなと思います。救いをくれ。

曲目はもう本当「コンサート」って感じで、ボーカル無しの曲は1つだけだったかな?
エミさんとジュニークさんの迫力満点生歌が堪能出来ました。
朗読劇もそうだけど、声の演技って生で聴くと迫力が凄いです

以下は曲の感想をちらほらと。

・遺サレタ場所
静かなピアノの演奏から始まり、ジュニークさんの力強くも繊細で綺麗な歌声が堪能できました。
廃墟都市の曲は良いよね…多分ゲーム内で一番聴いてた気がする

・遊園施設
先程とは変わってエミさんが壇上に登場、遊園地の映像と共に切なく美しい歌声が堪能できます
生歌により儚さが倍増して中々精神にきます

・美シキ歌
歌姫2人が競い合うように歌い上げるその迫力はもう鳥肌物!
でも映像にボーヴォワールのモノローグ流すのは心がつらくなるからやめような!!
機械なのに美しくなることに固執し、誰にも理解されないままに破壊される異常な機械。
レプリカントの時もそうだったけど、避けられないなら敵の事情なんて知りたくないなと思います

・曖昧ナ希望
生歌の破壊力って本当に凄まじいものでして、元々切ない曲は切なさ倍増なわけですよ。
控えめに演奏されるピアノがエミさんの歌声を引き立たせていて、まるで心が締め付けられるかのような瞬間でした

・イニシエノウタ/贖罪
映像にしれっとレプリカントも混ぜるのはやめるんだ 心がつらい

・パスカル
幼女だ!!なんかお姉さんに手を引かれた幼女が来たぞ!!!
というかこのボーカルちゃんと幼女が歌ってたのか!
そのままお姉さんと手をぶんぶんしながら歌い始めたぞ!癒やしだ!!

会場全体で手拍子をしながらの一曲は大変に和みました。
ただこの村で後々起こる惨劇を思うとやっぱり心がつらくなりますが。

・「塔」
歌姫2人の歌声がただただ綺麗。
元が神秘的な曲な事もあって聴き入る一曲でした

・双極の悪夢
A2と9Sが交互に切り替わりながら戦うゲーム中同様に、エミさんとジュニークさんが交互に歌い上げる様子は臨場感たっぷりでかなり印象的。
映像には2Bの戦闘シーンも混ぜられていて、きっと9S、A2と一緒に2Bも戦っていたんだろうって気持ちにさせられてなんとも心にくるものがありました

・Weight of the World/壊レタ世界ノ歌
朗読劇の終幕からのエンディングの流れで完全に涙腺を殺しに来ている…!
この辺はもう実際泣いてるらしき声も周りからちらほら聴こえました
というか朗読劇の内容はもう本当つらい この台本市販した方がいいと思うの…

・カイネ/救済
レプリカントはやめよう 心がつらくなる
映像までがっつりレプリカントでした つらい

公演終了後も「ちょっと2B!何してるんですか!」「…帰宅する準備をしている。」「そうじゃなくて!挨拶しましょうよ!」みたいな和やかなやり取りが聴けて大変満足なコンサートでした。
次回があれば「コノママジャダメ」も聞きたいな!!
ボーカル曲がメインだったから、今度はオフボーカルの曲も含めた演奏会もあるといいなって思います

以下は当日のセットリスト。





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.