korep.png
まさかの今年初色つけである
更新ごとに絵を描いてた日々が懐かしいねアハハ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

BRA☆BRA:FF3に行ってきました!
昨年度に続いて2度目の参加ですが、今年も観客参加型の楽曲も交えつつの楽しい演奏でした^^
唯一惜しむのは席が微妙すぎて舞台の左半分がまったく見えなかった事かな!
この手の演奏会って司会の人は基本的に左側の舞台袖付近で喋るのが大半だから、植松さんも山下さんも見えないし、演奏中のパフォーマンスも見えないし、モーグリおじさんは帽子しか見えないしでもうね!しんどい!!
オペラホールだから曲を聴くぶんには距離が遠い事自体はまぁ大した問題じゃないんだけど、流石にパフォーマンスとかはその人の姿が見えないとどうにもならないので…。
特にこのオケは元々パフォーマンス重視の内容だから、全景が見える席が良かったなぁと思います。
かえって当日券のほうがいい席だったりしたのだろうか。
今年の幕間トークコーナーは「30歳になった自分」がテーマのアンケートでしたが、中でも「30歳になった今、体力は昔よりも無くなった。だが今はそのぶん財力がある」みたいな回答は上手い表現だなってことで会場から拍手が起こってました
もうじき30だけど特別体力も財力も無い気がするな!!

そんなこんなで、曲についてちらほらと。

・メインテーマ/FF5
これぞまさに吹奏楽って感じの雰囲気全開のアレンジで幕開け!
ファンファーレも追加されてて、これから始まる演奏の旅へのわくわく感が凄かったです
オーケストラも勿論だけど、吹奏楽は金管楽器の主張が強い分迫力ある演奏になるなって思います
迫力あるというか手拍子とかしたくなるというか。
オーケストラは聴き入るような感じなんだけどね

・Ami
FF8やりたい。

・メインテーマ/FF1
観客もリコーダー持参すれば参加出来るよ!な曲でした。
なんか1人?2人?ぐらい明らかに音が外れてる人が居たのはご愛嬌ですね!
あれ多分演奏してる本人は気づいてないだろうけど、聴いてる側からすると明らかに音が外れて他の人が引っ張られてるぐらいだったから、あれ近場の席の人達は中々影響凄かったんじゃなかなと思います。

・いつか帰るところ
やや人数を絞って全編リコーダー編成で。
去年はゴールドソーサーだっけ?
リコーダーでこんな細かく吹けるものなのかと思う程に音階が流れるように移り変わる様子は、流石プロの演奏だなと感心するばかりでした。
なんとなくFFクリスタルクロニクルを思い出すアレンジだったな
アレンジというか楽器の効果だろうけど。

・クレイジーモーターサイクル
原曲が結構電子音な雰囲気があるせいか、なんかこう…あんまりしっくりこないアレンジだった
演奏自体はかっこいいし迫力もあるんだけど、どこが主旋律?というかなんというか。
FF7は一回しかやってない上に高校の時だからそもそもあんま覚えてないってのが原因だね!

・Force Your Way
FF8やりたい。

・親愛なる友へ
各金管楽器のソロパートがジャズ感凄まじくてめっちゃかっこよかった
夜のバーとかで吹いてそうな感じ そんなバー行ったことないけど!

・Vamo` alla Flamenco
タンバリンとタップがラテン感凄まじくてめっちゃかっこよかった
表現力に乏しすぎて感想がこの程度しかかけません
タンバリンもプロが演奏するとあそこまでスタイリッシュな楽器になるんだな…
こどもの時はタンバリンとか叩くだけじゃんハハンとか思うんだけどね。
音の強弱含めてああも多彩な表現が出来る事を生でみると、楽器は使い手次第でいくらでも表現の幅が広がる物なんだなーって実感します

・片翼の天使
未だにサントラには収録されず、現状会場に来た人だけが聴ける特別曲。
そのうちコーラスがついたりするのでしょうか

以下はセットリスト。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.