ブラス・エクシード・トウキョウと楽しむゲーム音楽会に行ってきました!
珍しくポケモンのメドレーを含む演奏会で、更になんと数曲とかじゃなくて、初代の赤緑をゲーム開始からエンディングまで通した贅沢な構成と聞いたらこれは是非行かなきゃってね!
今はもうやってないけどやっぱりポケモン世代の人間ですし、赤緑なんてどっぷりですからね!

当時の思い出を振り返るって事で、司会の方がちょっと朗読劇仕立てな雰囲気で各タイトルの物語のあらすじや思い出を語る演出は中々面白かったです。
…といっても、クロノとロマサガは曲がわかるだけで実際にゲームはやってないから懐かしむ事は出来なかったりするわけですが…。それぞれソフトは持ってるんだけどね、
ほら、(他のゲームに手一杯で)やる暇がなくてね?

そんなこんなで曲に関してちらほらと。

・クロノトリガーメドレー
ゲームやってない分際であれなんだけど、クロノトリガーと言えば『風の情景』って感じです。
あの異様に音が響いた木琴みたいな打楽器なんだろ…。
木琴のわりになんか金属的な余韻があったというか、音がしばらく残ってたんだよな
見た目は完全に木琴だったから普通に木琴の音が通ってただけかな

・クロノクロスメドレー
これはもうなんといっても『時の傷痕』!
オーケストラでは定番の選曲だけど、これはもう何度聴いても本当にかっこいい!
最初の静けさから一気に盛り上がるあの構成、まさに冒険の始まりに相応しい曲ですね。
ゲーム自体も学生の時にちょろっとやりはしたんだよな…どこまで進めたっけなぁ

・ロマサガ3メドレー
プロローグのカモメの鳴き声?をなんとクラリネットの方がマウスピースだけを使って表現!
事前に司会の方がマウスピースだけで表現しますって事を言ってたから気づいたけど、言われてなかったら普通にカモメの鳴き声を録音した物を再生してるとしか思わなかっただろうなってぐらいリアルでした。あんな事も出来るんだな…
あとはやっぱりロマサガと言えばバトル曲が印象的。
ラストバトルの迫力は凄まじいです

・ポケモンメドレー
冒険の流れにそって、所々効果音とかも再現しながらの豪華メドレー!
ニビシティ到着→足音の効果音→ポケモンセンターに入る→ポケモンを回復するジングル再現→ポケモンセンターの音楽再開、とまさにその通り動かしてるかのような再現っぷり!
そして吹奏楽で一気に壮大になった戦闘曲!
勝利時の曲まで演奏するし、脳内でそのまま冒険出来る感じのメドレーでした。

みんなのトラウマなシオンタウンとポケモンタワーまでしっかり再現されてね…
子どもの頃、曲が怖くてシオンタウンに居る間だけ音を消してたのをよく覚えてます。
吹奏楽になると表現こそ綺麗なんだけど、だからこそ余計に不気味さが強調されてて、今この歳になって聴いてもやっぱりちょっと怖いしトラウマ気味な曲だなって思った

そこから続くタマムシシティ~ゲームコーナーは一気に明るく!
金管楽器の音が良く通って、まるでパレードみたいな雰囲気でかなり良いアレンジでした。
あとグレンタウンのテーマも物凄くかっこいいアレンジになってて、トロンボーン隊の高らかな演奏がまるでどこかの王城のファンファーレのような壮大な雰囲気で、個人的にかなり印象に残ってます。

ポケモンタワーもそうだけど、こうして通しで聴くと案外不気味な曲多いなって気もした
最初のダンジョンなトキワの森も不気味っちゃ不気味だし、お月見山も別に明るくは無いし。
街が明るい分、その対比的な意味でダンジョンは全体的に不気味にしてるのかもですね

それにしてもライバルとの戦闘は本当かっこいいよな…
全部のシリーズをやったわけじゃないけど、誰よりもライバルだったし、誰よりもチャンピオンだったし、誰よりもラスボスらしい強さだったのはやっぱり初代ライバルだなって思います。
曲もめっちゃ印象に残ってるし。というかめっちゃ負けた記憶もあるし。


・アンコール:デオキシス戦
(俺も含めて)演奏が始まった瞬間の周りの「これ何?」って感じの反応が印象的です!
それもそのはず、デオキシスさんは通常プレイじゃそもそも会えません(だった筈)。
あと今日のコンサート、赤と緑(初代)です。
デオキシスさんリメイク版じゃないとまだ発見されてません。
1・リメイク版を持っていて、2・映画かなにかしらの特典でデオキシスに会ったことがある人じゃなきゃそもそも聴く機会が無い曲なわけですよ!わかるわけないだろ!!!!!!
…いや、まぁリーフグリーンは持ってるんだけど。
デオキシスに会う権利までは持ってないっす。無理っす。
あ、でも曲自体はかっこよかったっす。うす。
でもどうせ新世代込みにするなら金銀からレッド戦とかやってほしかったのが本音です。

以下はセットリストっす。


nisimiya.png

西宮さん可愛い!!とかの感想になると思ってたけど、全然そんな内容じゃなかったよ!

読み切りは読んでたから元々明るい話じゃないのは知ってたけど、
それにしても思ってたよりずっとしんどい内容の話でした。
声が聴こえない、伝わらないって想像も出来ないぐらい大変な事なんだろうな

あ、でもそれはさておき西宮さんはめっちゃ可愛かったです。

・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなわけで「聲の形」を公開日に観に行ってきました!
とても繊細で綺麗な描写と、だからこそ余計に心に刺さる様な話が印象的な映画でした。
「君の名は。」はストレートにわかりやすくてまさにエンターテイメントって感じの内容だったけど、聲の形はもっとずっしりくるし、人間の醜い部分もたくさん描かれてるし、恋愛がメインではあるだろうけど、どちらかと言えば罪悪感とか、贖罪とか、後悔とか、絶望とか。
そんな負の面が多く描写されていて、だからこそ一人一人の支えあいが引き立つような…。
観終わった後で何か心にひっかかりが残る、そんな内容だったように思います

将也と硝子の関係性は恋愛ってよりも共依存とか、2人じゃないと壊れてしまうとかそんな印象。
川井さんは何気にある意味作中で一番問題ある性格なんじゃねーのって気がした…けど、それ以上に実際自分があの場に居たらこれに近い行動は取るのかもしれないっていう嫌なリアルさもあって、個人的に一番見てて苛立ったし共感したくないって感じた。
その意味じゃ、自分の思いを包み隠さずに全部言葉に出してた植野さんは好感が持てます。
発言内容自体はとても褒められたもんじゃないけどな!!
あ、あと永束くんはこの映画における心のオアシスだと思います!癒やし!!

それはさておきだよ!
とりあえずね!手話!手話がわからない!!
大体は会話相手が通訳するかもしくは手話での問いに対して答えるから、なんとなく何を言ってるのかとか、どんな会話をしてるのかはわかるんだけども!
こう…例えば手話に対して「そうだね」とかの返答だとするじゃん?
その場合は手話で一体何を聞いたのかがわからないんですよ!!
映画全体でみればごく一部分だけではあるけど、硝子が何を伝えてるのかわからない!
これが言葉が通じないということ…これが小学生時代の将也の感覚…!?

映画の帰り際に手話の本をぱらっと流し見してきたけど、一朝一夕で身につくような物じゃ全然ないので早々に諦めて帰路につきました。でも手話がわかるともっと深く物語が知れるとは思うので、そのうちどこかの誰かが[劇中で使用された手話まとめ]を作成してくれる事を願ってます。頼むぜどっかの誰か!(他力本願

…とはいえ、この物語自体は創作だけど、ある日突然耳が聞こえない方と関わりを持つ事になるってのは全然あり得る話で、もしそんな時が来たとしたら、その時自分はどう感じてどう動くのか。
映画を観終わってから、そんな事をぼんやりと考えてます

当たり前の事が当たり前に出来る事は、自分が感じる以上に幸せなんだろうなって思った

mazimi.png


去年に引き続き行ってきました!
今年のミクさんめっちゃ可愛くないですか!!
去年のスタイリッシュな感じもいいけど、やっぱ可愛い衣装が好きだー…良い…

・・・・・・・・・・

はい、そんなわけで今年も無事に行けました!
人生2度目のライブもミクさんです。
BUMPのライブ辺りはいつか行ってみたいなって気はします。
昨年同様、前日は楽しみすぎて良く寝れない遠足前日の小学生状態でした。

今回の会場は昨年の日本武道館から幕張メッセへ移り、企画展の会場規模他諸々とグレードアップ!
行きの電車がマジカルミライ勢とディズニー勢と同日幕張で開催っぽかった歌手のライブ勢が混ざりあい、オタクからカップルから家族連れまでが入り乱れる中々にカオスな事になってました。なんだこれは。
前回のオーケストラの反省を活かして、今回はちゃんと服にミク要素を含む物を着ていったよ!
ミク要素と行っても黒地の袖口に緑のラインが入ってるだけですが!
事前通販があったからか、東京駅の時点ですでに39みゅーじっくシャツを着てる人も結構居たかな?

・・

(順番前後するけど)企画展について。
企画展は昨年よりも規模が大きくなってまして、2ホール分をがっつり使って賑やかな感じ!
歴代のメインビジュアルが並ぶエリアは中々に壮観でした。
今年はライブ物販も企画展にあわさる形式だったせいか異様に人混みが出来てまして、10時半頃に行ったら「今並ぶと昼からのライブには間に合いません!」ってアナウンスがされててびっくりですよ!!
「どうせペンライトは現地で買うけど念の為」と思って持ってって正解だったよ!
危うくペンライト無しでライブに特攻する羽目になるところだった…事前準備は大切。
ライブ後に行った関係ですでにいくつかは売り切れてて、アルバムを買い逃したのはちと残念。
アルバム自体はもう持ってるから構わないけど、特典のポスターが欲しかった…_(:3」∠)_
入場時にランダムで1枚カードが配布されて、同じキャラを持ってる人を探して、その人と指定場所に行くと限定ステッカーがもらえる!って企画が面白いなって思いました。探さなかったけど。ちなみに俺はカイトで一緒に行った友人はレンでした。
指定場所付近では結構カードを掲げてペアを探してる人も見かけたりしたので、初対面のファン同士の交流には中々良い企画なんじゃないだろうか。チキンなのでやりませんでしたが。
「あなたは何処から来ましたか?」みたいなコーナーもありましたが、多くは関東、遠くは北海道、果ては海外(なんとアメリカやヨーロッパ地方からもちらほらと!)から来てる人も居て凄まじい!
ワールドワイドなミクさんの凄さに感心しつつも驚く瞬間でした。
あとグッスマレーシング系の展示ね!めっちゃミクさん!
あの痛車軍団は公式だったのか、それとも誰かの私物なのだろうか…

ライブについて。
昨年は二階席とは言え立ち見禁止でかなり観やすかったのですが、今回は全員1階席だし当然のように上演と同時に皆さんスタンダップですよね…ですよねー…みんな座りませんか!!
ライブだとまぁわりとそんなもんではあるだろうけど、映画館みたいに前後の席で位置がずれてるわけでもないから、前の人より背が低いともう何も見えないと思うのですがどうなんでしょうか。
後ろの席が小さな子どもだったけど、あの子なんにも見えなかっただろうなぁ…。
俺が入れ替わった所で俺の前に人が居る限り何一つ意味はないからどうにもなりませんが。
そして俺自身は普通に見えてたから特に文句はありませんが。
強いて言えば、2つぐらい前に居た背が高い人の頭がちょうどミクに重なって見えない瞬間が多々あったので、「その頭を沈めるんだよォォォーーー!!!」って叫びながら頭を鷲掴みにして地面に埋めたいなって考えはしましたが。
以下は曲ごとにちらほらと。

・39みゅーじっく!
今年のテーマソングは1発目!
まだ多分音源としてはマジカルミライのアルバムにしか入ってないと思うんだけど、歌詞中の"もう一度名前呼んで「初音ミク」”の所でちゃんと会場全体から「初音ミク」のコールが入った辺り、流石鍛えられたファンだなって思いました。

・ゴーストルール/ヒビカセ
オーケストラでも演奏されてたし、最近の人気曲の代表格なのかな?
「ヒビカセ」はスクリーンに演出と歌詞が映しだされていて、ミクの動きも合わさりとても聴き応えがありました

・すろぉもぉしょん
モジュールも出しミクさんの動きがめっちゃ可愛い!
流石にゆっくりミクは居ませんでしたがw
昨年のはじめまして地球人さんもだけど、ピノキオPの曲はライブ映えする印象。

・独りんぼエンヴィー
手拍子部分で自分の身体をぱんぱんってやってる仕草がちょうかわいかった

・どりーみんチュチュ
miku-Packから選曲されるとは思わなかったぞ!
というかそんな事はどうでもいいぐらいにルカさんがめっちゃ可愛いぞ!!!
個人的今回のライブで最あざとい賞を与えたい勢いだ!!
元のイメージがかっこいい寄りだからギャップが凄い…

・ドクター=ファンクビート
新曲を引っさげて登場なかっこいいカイト兄さん。
全裸マフラーの面影は感じさせない勇姿でした
ノリもテンポもよく、ライブ向きな曲だなって感じだった

・どうぶつ占い
ミクのモジュールが可愛い!
オーバーオールというかサスペンダーというか…
DIVAで見た覚えないからライブ限定衣装だろうか

・ウミユリ海底譚
シーリリーじゃなくて普段着だったのが微妙に残念だったりそうでもなかったり。
この曲の振り付け、最後に手のひらをすっと出すのがなんとなく妙に好きです

・スイートマジック
振り付け動作のなにもかもがあざと可愛くてなんかもうキレそう。
でもリンちゃんが可愛いのは元々ではあるので、個人的最あざと賞はルカ姉に軍配です

・リモコン
去年は機材トラブルで途中から消失したなぁってしみじみ思いました。
今年は無事に踊りきっていただいてなによりでございます。
友人は「レン君が一番かわいかった」と言ってました。ようこそショタの世界へ!

・39
アンコールに来ると思ってたからちょっと意外!
今まで様々なイベントや製品に使われてきた絵が流れる映像はなんだかじんわりくるね…
今年で九年目、ミクさんにはまだまだ沢山の笑顔を届けてほしいなって思います

・ray
イントロが流れた瞬間に思わず「マジかよ!?」って口に出ちゃいました。
なんというか…もう完全に意識の外にある曲で、歌ってほしいなって期待すらしてなかったし、歌う可能性のある曲からも完全に外して考えてたので本当にびっくり!
そもそもがこれは「BUMP OF CHICKENがミクとコラボした曲」であって「初音ミクの曲」ではないわけで、(俺が知らないだけかもしれないけど)ミク独唱verに至っては音源が存在しないレベルだからそりゃもう予測すらしないじゃん??
それがなんと、マジカルミライの、それも最後を締めくくる曲として登場!
光の演出もめっちゃ綺麗だったしすっごい良かった…!
版権とかもあるだろうから現実的には厳しいだろうけど、配信限定とかでいいから独唱版も音源欲しいなぁ

・Hand in Hand
アンコールの〆は昨年のテーマソング!
映像での手拍子誘導から始まり、ノリもよく大変楽しい一曲でした
会場に来た人達の写真や様々な人が手を繋いだ映像がダイジェストで流れる演出は昨年と共通ですな

去年も今年も5人勢揃いのDECORATORを期待してたけど、流石に5人登場は技術的に厳しいのかな…
DIVAのゲーム中でも5人全員が踊る曲って現状(多分)これだけだし、来年こそはって期待してます

あまりにも最高すぎたので二回目行ってきました
サイドストーリーの小説を読んだ上で行ったから、ちょっと違った視点で観れました
今度は本編小説を読んで端折られた箇所を把握してから観ような!(まだ行くつもり

・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでまた君の名は。観てきました!
ついでに恋チョコ以来の聖地巡礼も行ってきました!
なんとこの映画、公式が巡礼を推奨してるのかわからないけど、「瀧と三葉の足跡を探しに行こう」って事で劇中に登場した駅のスタンプラリーが用意されてるんですよ。
新宿を起点として、代々木、千駄ヶ谷、信濃町、四ッ谷、東京の計6駅!
スタンプ自体は全部駅の改札を出てすぐの所にあるから全部電車移動すれば良いんだけど…。
先述した通り、コンセプトは「瀧と三葉の足跡を探しに行こう。」なこの企画。

ああ、探しに行こうじゃないか。己の足でな!!

・・・

足跡なんて電車からわかるわけないよね?なら歩くしかないよね。
そう考えた結果、新宿から四ッ谷まで文字通り徒歩で二人の足跡を辿る事にしました。
一駅ごとは徒歩でも(最短距離で)10~15分前後もあれば着くぐらいの距離ではあるけど、探索を混ぜつつ4駅分も徒歩で行くと中々運動になるね…!
恋チョコの時は事前に地図を用意した上で迷ったわけですが、今回地図のチェックすらしてません。
具体的な地名わかってるから余裕だろハハンとか思ってたんです。全然だったけど。
途中で汗すら出なくなって「あ、これやばい奴だ」って直感した瞬間がありました。干からびるかと思った。
散歩も含めてなら新宿から歩くのもありだと思うけど、単純に映画の舞台を回るだけなら信濃~四ッ谷間だけ徒歩で、後は電車移動でよかったんじゃないかなって気がします。
スタンプラリーの影響もあってか巡礼してる人も結構いまして、特に映画のキービジュアルになってる場所は軽く撮影会場みたいな感じになっててちょっと異様な光景でした。

以下は写真もネタバレも混ぜつつ足跡を辿るのです




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 自由奔放。, All rights reserved.