oke.png
ミクさん誕生日おめでとー!
来年でミクさんも10周年だそうですよ。
そんなものかって感じもするし、もうそんなになったのかって感じもするし…
気付けば俺の中で数少ない誕生当初からずっと追ってるジャンルでもあるので、クリエイト方面はさておきイベントとか製品に金落とす方向性でガンガン支えていくから、これからも10年20年と続いてほしいと思います!

・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなで先日開催された初音ミクシンフォニーに行ってまいりました!
今回は初のフルオーケストラって事で、どんな感じのアレンジになるのかそりゃもう楽しみでね!
オフボーカルの演奏のみの楽曲をメインに、要所要所でミクの歌も合わさったり、場合によってはダンサーの人が登場する演出もあったり、見た目にも結構派手で楽しいオーケストラでした!
ゲーム音楽のオケは結構な数行ったけど、元が歌のオーケストラってまた違った感じです。

会場がテイルズの時と同じ東京国際フォーラムだったんだけど、テイルズと同じで映像+光による演出が主だったんで、国際フォーラムならではの演出なのかも?
(正直、演奏に集中したいって意味ではちょっと光の演出は過剰だったかなと思う箇所もあったけど)
思ってたより女性の方も多く、場合によっては全身ミクグッズで固めてる人も居て流石だなと思いました。
めっちゃ普通の服装でいったし、その時点で持ってたミクグッズはミクペリアぐらいですみませんレベル低いけどミクは好きです許してくださいって気分になりました。
暑いのに全身スーツで汗1つかかずにいる紳士も居て、これが格の違いかって気もしました。
結婚式かなにかに参加するのか?って感じにばっちり決めたスーツだった…あれがドレスコードに則った正しいオーケストラの佇まい…!

そんなこんなで以下曲の感想をちらほらと。

・未来序曲
今回のオーケストラの為に書き下ろされた新曲!
歌詞が!!懐かしい!!!
歌詞の一部にメルトとか愛言葉とか歴代有名曲(主に初期)が含まれてて〆には39!
まさに一曲目に相応しい感じでいきなりテンションが上がるのです

・ハジメテノオト
あ、いきなりこれですか
あ、歌も入っちゃいますか
あ、アレンジも切なくも壮大ですね
開幕から泣かせにきてるのかな?
それともこれもうアンコール曲でしたっけ
マジカルミライを思い出すよ??

・みくみくにしてあげる♪[してやんよ]
ここからはしばらくオフボーカルの演奏のみで。
不思議なもので、演奏のみの方が迫力自体はあるし、演奏としてはすんなり耳に入ってくる感覚。
歌が入るとどうしてもそっちに意識がいっちゃうせいなのかもしれないけど…
この曲に限らず、歌の部分を別の楽器で表現してるのが面白かったです

・初音ミクの消失
『最高速の別れの歌』部分の弦楽器隊がめっちゃ死にそうだなって思ったよ!
オーケストラの手元がスクリーンにアップで映しだされてたんだけど、ヴァイオリン隊があれ手の動きどうなってるのってぐらいめっちゃ速弾きでマジ頑張ってって感じがしました。
元々かっこいい系統の曲ではありますが、オーケストラアレンジによってより切なさと壮大さが上がって本当に素晴らしい演奏でした

・ロミオとシンデレラ
いいぞーーーめっちゃかっこいいぞーーーー!!!
(この曲に限らず)スクリーンに見覚えない衣装着たミクさんとかが映しだされてたけど、あれはこのオケ用に描き下ろされた奴だったのだろうか

・裏表ラバーズ
今度はオーボエ(クラリネット?)とフルート隊が死にそうだなと思いました。
フルートってあんな高速で音出る物なんだね…なんか優雅な印象が強いけども。
ミクの歌って性質上根本的に人が歌うor演奏する事が最初からあんま考慮されてない曲もあるから、その手の奴は総じて超絶技巧気味になってて普段より忙しなく動くオーケストラの方々が大きな見どころになってたように思います

・ryo(supercell)メドレー
ProjectDIVAのPVに合わせてお届け!
罪の名前が一番オーケストラ映えする感じだったかな
それにしてもPV自体もPS4に移って本当に綺麗になったよなぁ

・Starduster
ミクさんの歌に合わせて。
映像が見たことなかったけど、多分これも新規製作…?
モジュールはDIVAのだったからDIVAチームがオケの為に録りおろしたのだろうか
哀しい内容の曲はオーケストラになると悲壮感が増すように感じます

・LUXビューティコーナー
突然始まるシャンプー宣伝コーナーに「?」な会場。
突如解禁される撮影、写真、携帯使用OKに更に「??」な会場。
そしてスクリーンに映し出されるミクさんから「私がLUXのCMに出演する事になりました!」と発表され、そのままミクさんがシャンプーの宣伝をする映像が流れて「!?」な会場。
司会の人から「美しい髪と評判なミクさんにオファーが行くのも自然な流れですね!」の一言に「どこから突っ込めばいいんだ…!」な会場。
衝撃的すぎてここまでの演奏の感動がどこかに旅立ちましたw

・鏡音リン・レンメドレー
レンの曲が悪ノ召使だけじゃねーか!!!
ロストワンの号哭がめっちゃかっこよかった

この後ゲストに下田麻美さんが登場、収録当時のエピソードとかを披露。
今でこそ「ボーカロイドの収録です」で通じるけど、収録時はまだミクも発売前の頃で、一体自分は何を収録しているんだろうって疑問に感じながらの手探り収録だったそうで…。
それでもミクのサンプルがあったからなんとか感覚がつかめたそうですが、その理屈で行くと最初に収録した藤田咲さんの戸惑いっぷりは凄かったんだろうなって気がしますw
メイコとカイトを参考にしたのかな。この場合。

・Mitchie Mメドレー
歌入りついでにキレッキレの動きを見せる謎のダンサーが登場して演奏が印象に残ってません!!
今回のオーケストラのクオリティなら歌はかえって無いほうがいいかも…?
それはそれで普段とは違った雰囲気で聴けて良かったけど、折角のフルオーケストラだし演奏をじっくり聞きたいなって気がしなくもなかったです。
歌の音量をもう少し下げるとか、まだまだ調整はいくらでも出来そうに思うから次回に期待!

・40mPメドレー
ドレミファロンドで各動物の鳴き声を各楽器で代用してるのが中々面白い。

ゲストとして40mP本人も登場、ミクのおかげで結婚出来たって惚気エピソードを披露されて会場が「^^」って空気になりました。司会の人に「惚気ですね」って突っ込まれてました。
コミケでも見たことあったけど、普通に喋りもこなせるイケメンでなんか腹立ちます。
「実際にミクさんがそこに居たらどんな事を話す?」に対して、「彼女は頼めば何でもやってくれちゃうので、身体を壊さないかが心配だからとりあえず1回ゆっくり休んで欲しい」とマスターならではの視点でのコメントが笑えましたw

・千本桜
謎のダンサー再び。光の演出に映像にフルメンバーで普段の八割増壮大な千本桜でした
終わった時には気付けば周りが皆立っててスタンディングオベーションになってた。すげぇ。

・ぽっぴっぽー
アンコール一発目からまさかの選曲で会場中から笑い声、更に指揮者の方が観客席に向けて手拍子を煽るような仕草をするしで一気にライブみたいなノリにw
映像のゆる~い感じにノリノリで踊るミクさんもいい感じに脱力させてくれました

・メルト
これが演奏されるのを待ってたぞオーケストラァ!!!!
メルトは俺がミクを聴くきっかけになった曲でもあるので、これはもう是非聴きたかったのです
流れ始めた瞬間会場中から拍手が溢れ、演奏終了後はまたもスタンディングオベーションでの大喝采でした。


今回聴いた方は勿論として、オーケストラと思って敬遠した方にとってもきっと想像以上の内容になってたと思うので、11月発売予定のアルバムは是非買おうな!(ダイレクトマーケティング

以下は当日のセットリスト。


kiminona.png
「君の名は。」観に行ってきました!
もう何もかもが好みクリティカル直球で最高だった…。
ミクのオーケストラも行ってきましたが、これの話は折角だしミクの誕生日辺りでしようかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでこんばんは!
君の名は。は最高だからみんな観に行こうな!!

登場人物に感情移入しながら物語を観るタイプの人はもう是非観てきて!
観てる側も「君に会いたい!」って気持ちになるのが本当に切ないし、胸がしめつけられそうになります。
前半は入れ替わりネタならではのドタバタコメディ的展開が続きますが、ある出来事から一転して物語が大きく動き出して、そこからの流れはもう眼が離せなくて物語に惹き込まれっぱなし!
要所要所で流れる、主題歌と音楽を担当したRADWIMPSの劇中歌もしっかり話を彩っていて、話が大きく動き出すタイミングとかにあわせてぐわっと一気に盛り上げてくれて中々に素敵なんじゃないでしょうか。
あんまり書くとネタバレになるからあれなんだけども!
観終わった時に「ああ、観にきてよかった」って感想が自然に浮かんできたし、後味もすこぶる良いし、物語以前に映像美が凄まじいし、本当に心の底から良い映画だと個人的には思います。
即決でパンフレットとポスカセット買って更にビジュアルブックを買いに走った程度にはクリティカルでした。
小説も近日中に買うし、あと少なくとももう1回は観に行こうと思います。

あ、でも1つ1つの現象にしっかりした理屈を求める人にはあんまり向かないかな。
「これはこういう物だ」で納得して、素直に物語を楽しむのが良いと思います。
あとは(個人的にはあれがあってこそ盛り上がると思うけど)RADWIMPSの曲は挿入歌としては結構多く入ってて全編で流れるから、RADWIMPS自体があんまりって人はちょっとマイナス補正が入るかもしれない。
楽曲自体はどれも場面に合ってる物だったから違和感とかは全然ないけど。


以下はネタバレ込みだ!!
ネタバレ気にしてツイッターだと抑え気味の感想しか言えないのがもうね!むずがゆくてね!!
このなんでもいいから話したい衝動を叩きこんでるだけだからマトモな文章にはなってないよ!





Cokry1fVMAA4fBD.jpg


チ ケ ッ ト す ら オ サ レ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなで今度はKHの話です。
2日連続更新とか何日ぶりだろうか。

ついに世界初開催となったKH初のブラスバンドコンサート、KINGDOM HEARTS Concert -First Breath-へと行ってまいりました!
チケットが本当に取れなくて諦めてましたが、なんとか追加公演が取れてね…。
蓋を開けてみれば(3階席だけど)最前列のど真ん中とこの上ない特等席で本当良かったです。

今回はオーケストラではなく吹奏楽コンサートって事で、ピアノや弦楽器も多く使われてる聞き慣れたKH曲とは一風違ったアレンジも多くあり、非常に聴き応えのあるコンサートでした!
一風違ったとは言っても決して変なアレンジじゃなくて、他の楽器で上手く落とし込んでて凄かったです。
あとは次回作へ繋がるような演出もちらほらあったり、音楽面以外のサプライズもあってもう大満足!
それだけにある意味ネタバレ注意な面もあると思うから、これから行くって人はネタバレとか他の人の感想とかはまったく観ないで、期待に胸ふくらませながら行くのが一番いいんじゃないかな!

あ、音楽面には関係ないけど物販凄まじかったです。パンフレット買い損ねるとこだった。
物販会場のフロアを右から左に列をつくり、そのまま2つ上の階へ行き、そこから更に元のフロアへ下る階段へ向けて列を成し、階段を下りきった所でようやく物販にたどり着けるという…。
開演一時間前から並んでにも関わらず「この人数だと開演に間に合わないから」って事で1回解散させられて、仕方ないから休憩時間に全力で物販に向かい、そうしてようやく買えたと思った数分後に「パンフレット完売です!」のアナウンス…どんだけ人多いのこれ;
パンフレットは特別量が多いってわけでもなさそうなので、欲しい人は早めに行くのがいいんじゃないかな。
追加公演だったからかもしれないけど、多分比較的早めになくなると思います。

以下、曲の感想をちらほらと。

・Destati
一曲目はDearly Belovedだと思ってたから結構意外でした。
コーラス無しはどうなんだろって気はしたけど、全然違和感なく迫力あるアレンジになってて心底すげーなと思う

・Dearly Beloved
二曲目にしていきなり開場が暗転、スポットライトに照らされるのは1人の女性。
そして静かに、それでいてはっきりと会場に響き渡る声はそう、紛れも無くナミネの声…!
そのままその場で展開される、生朗読でのソラ(天の声)とのコーデットエンディング(かな?)のやり取りとかなんだこれ開幕から殺しにきてるのか
トークショー中、ナミネの言葉を借りて…と前置きした後「心の中の記憶の欠片になるように、今日この場の思い出をしっかり刻んで下さい」といった内容を伝えるその姿は、まとってる雰囲気も合わせてまさにナミネそのものでした。

・Traverse Town
ジャズ風味のアレンジが曲にあってて、吹奏楽映えする一曲でした
KHを代表するフィールド曲だよなぁ

・Journey of KINGDOM HEARTS
デスティニーアイランドから始まり、トラヴァースタウン、ワンダーランド…とソラの足跡を辿るようにホロウバスティオンまでの全フィールドを一気に演奏する豪華メドレー!
ちゃんとディープジャングルも演奏されてなんかちょっと安心した。
ものすっごいKH1がやりたくなったし、懐かしさに胸が溢れだして止まらないし、ホロウバスティオンめっちゃ期待してたしホントに演奏されて感動しかない

・The Other Promise
夏休み終わるの早くないですかねぇちょっとこれもっと後半に来ると思ってあ、駄目だこれ泣きそう

・Another Side
再び画面が暗転、今度は1人の男性が壇上に。
そして語られるこの声はテラ……だけど台詞が…どこの…?
台詞はなんとなく覚えがある、でもテラじゃない…これは……まさか留まりし思念…!?
そう、まさかのゲーム中は音声がついてない鎧さんの吹き替え朗読サプライズ!豪華すぎるだろ!
でもこの流れだったら演奏されるのはRage Awakenedじゃないんですか!!!

その後のトークコーナーで、テラ=置鮎龍太郎さんがスタッフの人から鎧だしテラっぽくなるんじゃないかなぐらいのアバウトな感じでリクエストされたって話を面白おかしく紹介、続けて留まりし思念のポーズをやったりとテラとは思えないユーモアさでトークコーナーを盛り上げてましたw

・Gearing Up~Shipmeisters' Shanty~Blast Off!
懐かしのグミシップメドレー。めちゃくちゃやったなぁ…ああ本当KHやりたくなってきた

・The Unknown
今度はテラとナミネの2人が壇上に上がり、なんと掛け合いを開始!
本編では全くもって絡みも繋がりも無い2人のやり取りだし、更に内容もちゃんと本編に繋がりそうな感じの台詞になっててなんかもうどう反応すればいいのかわからないですなんだこれ。
Rage Awakenedもしっかりこっちで演奏されました。
後ほどサプライズゲストとして登場した野村哲也さん(!)によると、これはコンサート会場限定のやり取りで、本編には収録されないものではあるけど、今は意味がわからなくても0.2をやると「ああ、この事だったんだ」と納得出来るような内容になっているとの事。
野村さんの登場時は会場中大盛り上がりで、多分この日一番の声援が出てましたw

・Musique pour la Tristesse de Xion
これはもう完全にオーケストラ向きかと思ってたけど、吹奏楽でもまったく問題なく涙腺崩壊物でした。
個人的にデイズオーバーの話が一番泣けると思うのです
ロクサスにまつわるエピソードはどれも切ないよなぁ…

・The Power of Darkness(ボスバトルメドレー)
各シリーズから1つずつ(かな?)ボス戦をメドレーで。
3Dの曲は多分全編通してここで流れたIce-hot Lobsterだけだったかな…
KH1をメインに、BbS、CoM、358/2Days、2(特にBbSに関わる曲)が中心に編成されてた印象です

・Dearly Beloved(ブラスバンドアレンジ)
下村さん自らがピアノ演奏、普段の静かな構成とは一転してアップテンポアレンジ!
会場中で手拍子しながら、演奏陣もノリノリでとても楽しいアンコールでした

・光
最後はやっぱりこれだよね…!KHと言えば光だよね…!ありがとう……!!
アンコールでも来なかったし、版権的なあれとかで難しいのかなって正直来ないと思ってた…!
最後の最後にこんな曲流されるからそりゃもう泣くよ。ええ。
本当にこの作品をやっていて良かったと心底思う

以下はセットリスト



お盆休み!です!!
そんなわけで、キングダムハーツとグラブルのオーケストラに行ってまいりました!
とても…とても充実した時間が過ごせた……至福…。
流石に2つを1つの記事にまとめるのも厳しいものがあるし、記事を分けるのが無難ではなかろうか。
そう思う今日この頃ゆえ、行ってきた順番とは前後するけど今日はグラブルの話だよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の会場は渋谷だったのですが、現在グラブルが渋谷をジャック期間との事でして。
これが本当見事なもので、駅に到着してから進む道という道、壁という壁の広告が見事にグラブル一色!
場所によってはBGMまで流れるし、特に探したりしなくても、ぐるっと軽く周囲を見渡すだけで最低でも数カ所は広告が見つかる感じでした。まさに渋谷の広告ジャック。
友人一同最初の感想は何よりもまず「金かけてんなぁ」でした。
フィギュアの展示に空飛ぶビィくん、エルーンのお姉さま方が居たりと諸々凄かった。
フィギュアは実物初めてみたけど、イオちゃんの顔がこう…なにか違和感が……。
ユエルとシャル辺りはクオリティ高いなって思いました

で、肝心要のコンサート。
曲と曲の合間に作曲者の植松さん&成田さんを交えながらの軽快なトークショーを挟みながらの構成で約二時間、がっつりと全空の世界観に浸れる素敵空間でした^^
植松さんのトークを聴く機会も随分増えたけど、今日も変わらず楽しいトークでした。
結構作曲者の方がコンサートに来て簡単なトークをすることって多いけど、中でも植松さんのしゃべり慣れっぷりはもうずば抜けてるなって毎度思います。
気さくな雰囲気で場の空気をいい感じにゆるくしてくれるというか、盛り上げ慣れてるというか…
あと指揮者の栗田さんも結構おちゃめなパフォーマンスをする方で、何よりもまずは自分たちが楽しんでやってるよ!って気持ちが伝わってくるのが凄い好きです。
以下は特に気になった曲についてちらほらと。

・メインテーマ
これから始まるのは遥か空を目指す旅、用意は出来たか?さぁ行くぞ!
そんな気分になれる曲。コンサートの始まりだ!

・大星晶獣との戦い
雑魚戦とかすっ飛ばして二曲目にいきなりこれがきたのがびっくりでした。
ゲームを始めた当時は強敵の象徴って感じだったけど、今となってはこの曲が流れる程度のボスだとわりと秒殺ですね…俺も成長したものよ

・ルーマシー群島-神秘の森-
個人的に島の曲で一番好きなので、オケで聴けて静かにフィーバーしてました。
静かで綺麗な旋律はまさに神秘の名前通りの演奏で、眼を閉じて聴き入ってました

・コロッサス・マグナ
木琴の軽快な連打から始まり、各楽器がどんどん追加されて音が重なり、まるで全身に響くような音へと変化していく様は生演奏ならではの迫力!
イントロ部分が凄い好きなんだこの曲

・天に散りし覇者との邂逅
好きな曲だし聞ければいいなと思ってけど、いざ聴いてみると「あれ?すっごい聞き覚えはあるけどこれどこで流れるっけ?」と考えこむ事になった、そんな曲。
基本消音状態にしてスマホでやってるとこんな自体を招くわけで…。
自分の中では確かきっと討滅戦だな!って納得してましたが、パンフにも各種討滅戦他って書いてあったからどうやら合ってたみたいです。案外自分の記憶捨てたもんじゃなかった。

・シュヴァリエ・マグナ
元々壮大な曲が更に壮大になってやってきた、そんな感じ。
曲自体はもう聞き飽きたしそろそろ剣とは言わないから銃ぐらい落として欲しい。

・遥かなる旅路、天翔ける戦線
鉄琴とヴァイオリンの旋律がめっちゃ綺麗でした。
この曲が流れるボスは大体めんどくさい、もしくはやたら強いイメージがあるのは何故だろう

・悲壮
エリクシール飲もう。

・リヴァイアサン・マグナ
「和楽器を多めに使用した楽曲をオーケストラで演奏するにあたり、どの楽器がどのパートを担当してるか気にしてみると面白いかも」みたいな話が成田さんから事前にあったのですが、悲しい事に原曲をそこまで細かく覚えませんでした。
いや、曲自体は覚えてるんだ、でもどの部分がどんな楽器だったかまでは覚えてないんだ!
最近リヴァマグは殴ってないんです仕方ない!!
なんか板を叩いてるみたいな音してた楽器なんだったんだろうな 木琴じゃないし

・バトル1&2メドレー
まさかのアンコールでの登場でした。驚き。
この複数曲がメドレーで聴けるのはコンサートならではだよなって思う

・ロボミ
場内で手拍子をしながらの演奏だったんですけど、この手拍子のタイミングがはっきり違和感を感じるレベルに凄まじくずれてて演奏聴くどころじゃなかったよ!w
裏拍だっけ?なんかこう…本来のテンポから半歩ずらして手拍子してる感じなの。
しかも曲のテンポより手拍子の方が早くて、これがもし音ゲーだったら確実に手拍子に引っ張られてミスる感じだったのに、普通に演奏を続けてるオケの皆さんは偉大だなと思いました。
多分他にも同じことを思ってる人は一杯いて、何人か手拍子のタイミングをずらして軌道修正を試みてはいるものの、大筋がずれたまま突き進んでるからもう最期までそのままでした…なんだこの微妙にすっきりしない感じはァ!!

以下は当日のセットリスト↓


OGMDf.png
スパロボ二周目ちまちま進めてます

二周目は一周目と違うメンバーでって事で、キョウスケ&エクセレンにアラド&ゼオラの合体攻撃ペア、さらにヒューゴ&アクアとファイター・ロアさん辺りを重宝しつつ進めてます。
まぁ最終的には結局トーヤとアクセルが前線で暴れて他の人は残飯処理になってるけどね!
折角だからルートも一周目とは逆で進んではいるけど、好きなキャラが大体片方に集中してるから分岐中のやりくりがしんどいったらないです。
トーヤもアクセルもジョッシュもカルヴィナもみんな逆ルートという…
そんなこんなで今回はイングさんが単身過労死しそうな勢いで飛び回ってます。キリキリ働くが良い。
アラドたちもフル強化すれば充分強い事は強いけど、元々の機体性能の低さが足をひっぱりますねー
合体攻撃の威力はそりゃもう凄まじい事になってるけど、単身突っ込ませるにはちょっと不安が残る。
MB時のランページ+ツインバードの火力は撤退ボス狩りには持ってこいだけど…。
新機体とまではいかないにしても、そろそろ新装備ぐらい追加されると良いのにね
いかんせんパラメータが合体攻撃全振りすぎませんかねこの方々
同時代の機体を使ってる筈のアクセル&ソウルゲインが異常って見方も出来るけどっ!

・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィクロス新弾出ましたね!
あとサマーストアでもこれからの展開について結構発表があったみたいで。
アニメ三期はメンバー総入れ替えらしく、カードの方もアニメに合わせて一気に新規ルリグが5人も追加、更に新システムにカードデザインリニューアル等など、カードも3rdシーズン突入感ありますねー
現行ルリグ達も順次強化は進むらしいけど、しばらくは新ルリグ用のカードがメインになりそう?
3期みたらまた感想変わるかもにしても基本的にタマ以外使う気はないから、そうなってくると箱買いとかよりシングルで買うことの方が多くなってきそうだなぁって気はする

今回の新弾で堕天使=フォールン勢が新規登場してきたけど、色替えがサブカテゴリに区分けされてたって事は、天使に限らずこれからシグニもルリグもどんどん色変え版が出てくる感じになるのかな?
早速堕天使タマデッキも組んではみたけど、古代兵器軸に比べて無理なく回せる反面トラッシュが増やしづらくなった感じで黒点へのグロウが地味にしんどい。
でも堕天組がえっちなので是非使おうと思います!!!
黒点タマもそうだけど、堕天とかすると妙にえっちな感じになるのはなんでだろうね
蠱惑的というか色っぽいというかなんというか。
元が清楚な感じだから余計にそう思うのかな ハニエルとミカエルとかイメージ真逆になる

つまり同じ理屈で例えばウリスが白くなると清楚な感じになるのだろうか。
……あれが清楚に…?ハナレの方があり得そうだな…


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2016 自由奔放。, All rights reserved.