Selected category
All entries of this category were displayed below.

先日のゴッドイーターオーケストラに行ってきました!
翌日に感想書かなかったせいでだいぶ記憶が飛んでます!
もう年老いたから記憶が長持ちしないんだ…悲しい……

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲームの内容だけでなく音楽にも定評があるゴッドイーターですが、作品単独のコンサートは今回が初の試み!好きな曲もかなり多いのでわくわく気分で参加してきました^^
正直そこまで凄い人気があるシリーズって印象でもなかったから普通に開場時間に合わせて向かったのですが、どこからこんなに適合者の方々がいらっしゃったんですかってレベルのすっごい人!
物販は到着時点ですでに壊滅、パンフすら買えないレベルでした。侮ってたよ…

元々オーケストラ映えする曲が多いから一曲一曲の聴き応え抜群な事は勿論、なんと各種ボーカル入り曲は歌手本人が登場しての生ライブ!
中でも「No way back」の迫力とかっこよさは圧巻の一言でした。
演奏としてはぶっちぎりで「黒の一閃」が印象的!
ドラムと三味線の演奏が際立つようにアレンジされた演奏、演出はもう本当鳥肌物でした
映像もあいまってめっちゃかっこよかった…ここピンポイントだけでも音源化して欲しい

演奏形式としては結構特殊で、オーケストラにしては珍しく指揮者無し。
更に楽曲構成も客はフェンリルもしくはブラッドの隊員で、フェンリル極東支部で開かれた慰問コンサートに参加中、襲撃してきたアラガミ討伐に駆り出されるといった趣の演出になっていて、楽曲解説等は特になく演出にそって流れるように展開されてました。
生声ヒバリちゃんちょうかわいかった!
会場ではペンライトを販売されてて演奏中も普通に振ってよかったのですが、振っていいのか曲を聴くべきなのかの判断が完全に客席側に委ねられてるので、全体的に「え、ここペンライト振って良いところ??駄目?」みたいな空気感が漂ってたのはちょっと笑っちゃいそうでしたw
No way backの時とかは歌手側も煽ってきてたし完全に振るタイミングだったと思うけどね。
まぁみんな恐る恐るペンライトぶんぶんしてたよね。仕方ないね。
最終的に「隊員の皆さん、生きていたら生存確認用のライトを点灯して下さい!」って演出が唐突に放り込まれて、ここで初めて「このペンライトはそういう意味!?」ってなるのですが、当然ペンライトは会場物販で購入した人しか持っておらず…。
会場全体の半分以下程度の点灯具合だったけど、それでも「全員の生存を確認しました…!」みたいな演出を続行するヒバリちゃんは中々鋼の精神だと思います。隊員半壊してるよ!現実を見て!!

会場自体の音響の問題で、聴こえ方が結構微妙だったのは残念かな
大型のスピーカーを使ってて、折角のオーケストラなのに結局そのスピーカーからまとめて音が出るから普通にCDで聴いてるみたいな聴こえ方になっちゃってたんですよね
会場が広いからそうしないと全体に響かないから仕方ない部分ではあるけども。
あとちょっとライトの演出が過剰気味!眩しくてステージ見てられない!!
ミッション出撃から帰還みたいな流れにしてたり、ゲームのストーリーに沿って展開される演出とかは凄い楽しかっただけに、ちょっと勿体無いなぁと思いました。
最後の生存確認にしても、どうせこういう演出にするならカービィコンサートみたいに全員にサイリウム配布すればいいのにと思ったし、演出面は次回に期待ですかね。

以下はセットリストー


DLDu3ATU8AAxxHL.jpg
ペルソナ5もプラチナトロフィー取ったぞーーー!!
145時間の冒険の果てにようやく取得、本当に面白いRPGでした。ありがとうアトラス…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、そんなこんなでお久しぶりですこんばんは!
更新頻度が中々やばいことになってますね!
ずっとゲームか遊びかで結局ミクさんの絵も描いてないです!!
ペンタブがイカれた事も多少ありますけども。
新しいペンタブを買いに近場の量販店とか見に行ったりはしてるけど、中々実際に描き心地を試せるような店がないんだよな…多少めんどいけど秋葉とかまで行ったほうがいいのだろうか。わからんね。
液タブを買う程そもそも描いてないので普通のペンタブで充分だけど、折角買うなら描き心地はみたいよね


ペルソナ5。
改めてプラチナトロフィー取得しました!
まるまる2周で取得完了で、2周目については攻略サイト解禁の効率プレイだったのに、それでも総計で150時間近くまで行ったからちょっとびっくりです。
トロフィー自体はどれも複雑な条件等を要求するものは無く、ある程度時間をかければ簡単に取れるようなものばかりだから、プラチナの取得難易度としては比較的低いのではないだろうか。
戦闘についてはもうサクサク進めたかったので難易度セーフティにしてましたが、ゲームバランス(笑)ってなるレベルに難易度が落ちてちょっと笑いました。ペルソナ引き継ぎがある事を考慮しないとしても、一体何をすれば全滅するのか悩む程度にはぬるいです。一周目に選ぶと簡単すぎてゲーム自体が面白くなくなりそうなレベル。
取得がめんどかったのは以下らへんでしょうか。

・仮面コレクター
ペルソナ図鑑100%で取得。
基本的にはパレスで遭遇するペルソナを取ってればあとは全部合成でどうにかなるけど、各コープMAXで開放されるペルソナ、宝魔、リストに存在しないペルソナ(アリス他)辺りがやや厄介。
宝魔の髑髏水晶辺りはもう意識して行かない限り自然にとった人は殆ど居ないんじゃないかなぁ

・大怪盗団結成
全コープMAX。
2周目だと人間パラメータがすでに最大値だから特に考慮点はないけど、単純に時間かかった。

・類まれな反逆者
「刈り取る者」撃破で取得。
正攻法でやるとかなり高レベルかつガチガチのペルソナ揃える必要があるけど、インフルエンザで絶望してると勝手に死ぬ外法戦法だとレベル1でも倒せるという…。
星コープあげて確定逃走出来るようにしてからのほうが良いね

・ドリンクマニア
自販機で買えるジュースを全て購入で取得。
11月ぐらいになってからそこら中の変える自販機全部買って取得しました。
秋葉とか一部マップに表示されない自販機が関わるのがめんどくさい

・パーフェクトな仕事
ミッションを全てクリアで取得。
コープ中に解禁されるミッションがあるから、必然的に全コープ進めないと取得出来ない辺りがだるい
取り漏らさないように意識的に月コープ進めたけど意味あったかは微妙

・クラフトワーカー
全ての潜入道具を自分で作成で取得。
普通に進めてたらまず材料足りないと思われる赤リンの粉、水銀、アルミ板集めがひたすらにだるい。
全部メメントスで拾えるとは言え、あの単調な曲とマップの中延々と歩くのは苦行だった…

・本の虫
全ての本を読むと取得。
仲間が加入した時に追加される本、ゲーム、釣り等特定行動とった際に追加される本が見落としがちかつ読むのに時間使うのが面倒な感じ。まぁ図書室の本だけ読めれば取り漏らす事はないだろうなって感じ

・黄金の指
全てのテレビゲームをクリアで取得。
単純にめんどい。

DItg3ivV4AAAMK1.jpg


2日昼の部ライブに行ってきましたー!
今年も大天使でめっちゃ可愛かった……ありがとう10周年……

感想だらだら書いてたら絵を描く気力はなくなったよ!
でも10周年だしなんか描きたいね!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなこんなで今年も行きましたマジカルミライ!
人生3度目のライブもやっぱりミクさんでした。
このままミクさん以外のライブを経験する事なく終わるんだろうなって気がします。

今年の会場は去年に引き続き幕張メッセ!(来年も幕張らしいですね)
規模としては去年と変わらずといった感じで、マジカルミライとしては5周年、ミクさんとしては10周年のメモリアルイヤーって事でどことなく例年よりお祭り感が更に強かった気がします。

■企画展について。
初日の到着時間の関係でライブを終えた後に企画展に行ったのですが、今年は本当なんにも買えない!
ぬいぐるみとか元々数量あんまり無いだろうなと思ってた物はまぁ仕方ないにしても、まさかのショッピングバッグやペンライトすら買えないのは中々衝撃的だったよね…!
あまりにも目的物が買え無さすぎたので、今年は急遽当日券購入の2日連続参加してきました。
普通に幕張遠いから2日連続、それも2日目については早朝から行ったので中々しんどかったです。
一応ペンライト等は回収したものの、それでもぬいぐるみは駄目だったから転売厨は許さないよ!
開催当日その場でオークションに出品されてるの本当クソだと思うの
公式通販で買えればいいなぁぬいぐるみ…受注生産じゃないのが恐ろしい……
ちなみに入場特典のピンバッジはメイコ姐さんとレンくんでした。
例年通りミクさんは来ない…来ないのだよ……

今年の展示で目立ってたのはやっぱり砂の惑星コーナーでしょうか。
巨大特設スクリーンで流されるPVは中々圧巻でした。
ミクさんのお部屋公開もあったけど、オサレで良い感じに可愛い雰囲気の家具でまとまった中に楽器が置かれてる小洒落た雰囲気の部屋でリア充感すげぇなって思いました。引きこもりの僕には眩しすぎる…
そこに加えて今年は10周年記念にちなんだコーナーも多く、10周年を振り返ってイラストがどばっと展示されてたり、各イラストレーターさんのお祝いメッセージが展示されてたりと非常に豪華で見応え充分!
10周年で数多くのクリエーターの人たちが関わってきたんだなぁとなんとなくしみじみしました
まぁ俺自身は何にも関わってないけどな!!


■ライブについて。
席としてはSだった去年から更にランクが落ちて今年はA席、場所としては会場最後尾ブロックのほぼ真ん中というなんとも言えない感じの席です!何も見えません!!!!
頼む…全員着席しよう……それならステージも見えるしみんな幸せだよ……
一応ステージ中央が見えないことも無いんだけど、前の席の人の頭がまぁ邪魔でね!
ステージまでの直線距離上にマップ兵器ぶち込んで視界をクリアにしたい気持ちでいっぱいでした。
オペラグラスも一応持ってったけどほぼ役には立たず、結局会場内に設置された巨大モニターを見てる事が大半でステージ上のミクさん達はまったく見えませんでした。無念。
来年は良い席が当たると良いなと思います。
以下は曲ごとにちらほらと。

・みんなみくみくにしてあげる♪
開幕1発目からこの選曲は素晴らしいな!!(テンション爆上がり
10周年の節目に相応しい開幕なのではないだろうか。
1発目にしていきなり会場のボルテージが最高潮になってこの先大丈夫なのかって感じだった

・エイリアンエイリアン
そんな不安は無用な心配で、続けざまのストリーミングからのエイリアンでフィーバーだね!!
マジカルミライ2017のアルバムからの選曲で、中々ライブ映えする感じの曲でした。
会場内のDJイベントとかでもよく聞いた気がする

・ヒビカセ
去年に引き続きの選曲。
相変わらず映像での演出がオサレ

・ツギハギスタッカート
ピチカートちゃん!!可愛い!!
ミクさんの手を時計に見立ててチクタクする素振りが可愛い!
なんかもう可愛い!!!好き!!!!!!
物凄く好きな曲ですが、内容的にはとても切ないよねこれ

 ツギハギだらけの君との時間をそろそろ終わりにしよう 
 この糸ちぎるだけ、簡単でしょ?笑えるよね。

最後に自嘲気味につぶやく一言が重い


・スイートマジック
例年に続いてあざとい。可愛い。

・脱法ロック / ドクター=ファンクビート
とてもイケメンなレンくんとカイト兄さんでした
ファンクビートは合いの手役でレン(リンだっけ?)とめーちゃん混ざり。
ライブ中のカイト兄さんは基本的にとてもかっこいいのに、どうしても頭の中では裸マフラーで変態のイメージが強いんだ…すまない兄さん……

・どりーみんチュチュ
ただでさえあざとかったのに今年はまさかのミクとリンも混ざってちょうあざとい。
可愛すぎてブチ切れそうだったしもっとミクさんを眺めたかったんだけど前の席のお前の頭が邪魔なんだよフラフラするんじゃねぇ地面にうずめるぞあああミクさあああああああああん!!!!って感じでした。
※ルカの曲です
※でもペンライトミクさんカラーにしてました
※ルカも好きです

・Fire◎Flower
会場内の天井に光で花火を模した演出がされてて綺麗でした
ゲーム内と違ってリンちゃんは無しでレンくんのソロだった だがイケメン

・ココロ
ココロも好きだけど炉心融解を予想してました
今年は日によって若干セットリストが違ってて、炉心融解は別日程だったみたいです
ライブBlu-rayを楽しみに待とうな!

・いーあーるふぁんくらぶ
地味にレアリティ高いリンレンバージョンふぁんくらぶ
流石というか違和感はなかったです

・ルカルカ★ナイトフィーバー
ルッカルッカナイトフィーバー☆\Fooo!!/

めっちゃ盛り上がった
ダブルラリアットだと思ってたからちょっと意外ではあった
炉心融解同様、別の日にやったみたいだけど。
6曲ぐらいが入れ替え枠だったらしいですね

・nyanyanyanyaに乗せてバンドメンバー紹介
毎度のことながらやたらオサレな紹介
バンドメンバーの皆様が輝いてました 楽しそうに演奏されてていいよね…
そしてボーカルは初音ミクーーー!!

・気まぐれメルシィ
めっちゃ好きだよこの曲!!ありがとう!!!!
全然私に興味ないじゃん!!って多分相手の男に振り回されてる女の子を軽快に歌ってるけど、内容的には相手の男中々酷いんじゃないかって気がしますね!
モジュールがあんまり見覚え無いやつだったけどACにはあったっけ…?
良く見えなかったのがただただ無念です

・Today the future
別イベントでの公式テーマソングなのに初めて聴きました
今回のコンサートで唯一知らない曲だった ワシも年老いた
曲調めっちゃ好きだと思ったらスレイプニルの人ねこれ そりゃ好きだわ

・Shake it!
これはなんかもう定番な気がする
3人がわちゃわちゃ動いてかわいい

・メルト
10周年の集大成的な映像流れて涙腺に来ました
俺がミクを聴くきっかけで原点とも思える曲だからやっぱり感慨深いなと思います
ずっと昔に感じる曲だけど、今も色褪せず名曲だね…

・砂の惑星
マジミラ2017衣装に着替えたイケメンミクさん!
衣装が可愛いけど曲はロックというこのギャップがたまらないね…!
会場側にマイクを向けてくる素振りがめっちゃ可愛かった

・39みゅーじっく!
もう一度名前呼んで! \はーつねみーく!!/Foooooo!!!

・Hand in Hand
これも定番ですね いい盛り上がりだった

・DECORATOR
ラストのサビ!!ラストのサビで六人揃った!!!!やばい!!!!!
遂に来たと思ったらミクさんしか居なくてちょっと残念に思ってたタイミングでのサプライズだよ!
去年も一昨年も期待してたけど来なかった勢揃いでのDECORATOR…ありがとう……
そして折角全員集合したのにステージの中央が見えません!!
その頭を引っ込めるんだよぉ!!!!!

・ハジメテノオト
定番の会場全員合唱で〆。泣くわこんなん。

今年は待望の六人勢揃いも見れたし、非常に満足な内容でした!
強いて言えば前の人の後頭部とか後頭部とかあと後頭部とか邪魔だったけど!!
当選してるだけ贅沢は言えないけど、来年はS席以上が取れるといいな…

以下は当日のセットリスト(2日昼の部版)。


96時間の旅路の果てにペルソナ5終わりました!
あれだけ魅力的な女子だらけの中、彼女は双葉1人で浮気する事無く貫いた自分を褒めたい。

下手なゲームならクリアどころかプラチナトロフィー取れるレベルのプレイ時間ではありましたが、それだけの時間をかける価値がある面白さだったし、長丁場にも関わらず飽きたりする事も無く最後まで駆け抜けられたのは心底凄いと思います。
普通これだけ長いとどっかでダレるんだけどね。そんなこともなかったね。
不満が全く無いかと言われたらまぁいくらかツッコミどころはあったけど、そんなものは些細な問題だよねってなる程度に面白かったし控えめに言って最高のRPGでした。怪盗業めっちゃ満喫した。
最後の方は敵のレベルがこっちよりも20近く高い状態になってて中々世紀末気分が味わえました。
最優秀ペルソナはギリメカラ君ですかね…物理銃撃反射に呪無効はマジ便利だった
物理主体のボスだとどんだけレベル開いててもただのカモだからねあれ…
感想はまたどっかでがっつり書きたいな
まだ2周目ちまちま始めたとこだから一段落したらかな

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日開催された旅人達の追想組曲に行ってまいりました!
今回の個人的な目玉はテイルズ、それもTOD2の楽曲!
日にちと時間帯でアビス、デスティニー1か2の3択だったけど流石に全部に参加するわけにもいかなかったので、アビスと悩みに悩んでD2を選んだ次第です。
アビスもmeaning of birthとかあったからめっちゃ聴きたかったんだけどね…無念よ…
テイルズに限らず毎度の事ながらJAGMOの演奏は迫力もあるし、選曲も人気楽曲を抑えた編成になってるので非常に聴き応えがあって大変素晴らしいと思います!!
あとはアンコールが大体季節の有名曲+当日演奏した曲のアレンジになるのですが、時の傷痕~夏祭りバージョン~なんてプロクオリティで聴けるのはここだろうなって思わずちょっと笑いましたw

以下、ざっくりと。

・MOTHER2より
今までも何度か演奏されてたけど、今回は結構新規の曲が多かったです。
ウィンターズのテーマ良いよね…やったのが昔すぎて正直話とかは全然覚えてないけど!
イナクナリナサイとかネスサンネスサンネスサンばっか印象に残ってて曲全然覚えてなかった

・UNDERTALE
実はタイトルすら聞いたことなくて全然興味無かったんだけど、曲のかっこよさが凄まじい!
当日初めてこのタイトルを知って、帰宅後どんなゲームかめっちゃ調べた人は俺だけでは無いはず…!
最初がオーケストラで聞いたからあれなんだけど、どちらかと言うとレトロなSFC時代的なゲームなんだね
元々知らなかったのにオーケストラの1回で曲が印象に残るぐらいかっこいいってかなり凄いと思うの。
当日聞いた演奏の中で一番印象に残ったメドレーでした

・クロノクロス
JAGMOコンサートだと定番になりつつあるクロス君。
なんといっても時の傷痕が本当かっこいいよね…
あのぐわっっと一気に盛り上がる瞬間狂おしい程好き
死線とかもかっこいいしね…いいよねクロノクロス…やったことないけど…
今回のパンフレットで初めて知ったけど「運命に囚われし者たち」って戦闘曲なの…
あんな哀しい曲で戦闘とか間違いなく泣くでしょ…

・テイルズオブデスティニー2
二曲目にバルバトスが編曲されてるの笑うからやめてほしいw
序盤戦闘、バルバ、改変現代、フィールド、最終現代、神とストーリーに沿った編曲になってて、めっちゃカイル達の声が脳内再生されるメドレーでした。神戦のかっこよさ半端なくて感動物
あの時のカイルは本当にかっこいいよな…神はいらないんだ!!って奴。
フォルトゥナの戦闘開始時の「何故です!?」って言い方が妙に面白くてツボに入って、プレイ当時友達内で「何故です!?」って言うのが一時期流行りましたw

・FF10
ザナルカンドはやめよう 心に響く
選曲が良すぎてやばいし襲撃だけにとどまらず召喚獣バトルまで本当にありがとうございます。
FF10は思い出補正もあるだろうけど未だにストーリーは一番好きなRPGです。
ゲームやってて涙が滲むとかじゃなくてマジ泣きしたの多分これぐらいだと思う
ティーダが究極召喚の真実を知るシーンと、ラストのティーダの身体をユウナがすり抜けて倒れる辺りが個人的2台心がつれぇわシーンです 他にもめっちゃあるけど!

・悪魔城ドラキュラ
動画の見過ぎでドゥエリストのイメージしか無かったですごめんなさい
脳内でずっとドュドゥドゥドゥエって再生されててつらかった
あ、演奏は普通にかっこよかったです。

・幻想水滸伝
周りの反応から察するにファンの方にとっては非常に素晴らしいメドレーだった事がわかるけど、悲しいことにシリーズにまったく触れてないので感動がわからない つらい
この手のコンサート行ってるとなんだかんだでまだまだやってないゲームはいっぱいあるなと思います

以下はセットリスト。


cole2_2017071723484273b.png
夏休み満喫中です
概ねゲームしかやってません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、お久しぶりですこんばんは!
絵描かなすぎてまったく更新してないね!やばいね!
徐々に月2回更新ペースになってるし来年には月1更新とかになってそう フフフ
なんかもう感覚空きすぎて書くこともそんな思いつかないので、適当につらつらと。

■ファイアーエムブレムヒーローズ
先日遂にサービス開始当初から待ち望んでいたリリーナピックアップが到来!
手持ちの石を全部ぶち込んでようやくお迎えできました。しかも攻撃上昇の神引き…!
リリーナは本人の火力は凄まじいものの初期スキルが正直全てにおいてゴミなので、この瞬間の為だけに用意していた各キャラを惜しげもなく注ぎ込んで育て中です。
まだSP稼ぎ切れてないけど、星5(タクミ、サーリャ、アイク)、星4(カミラ、パオラ)、星3(ニノ)が既に餌になったので実質星30ぐらいのキメラ魔道士になりました。待ち伏せがついてようが防御力が低かろうが一撃で焼き尽くせば関係ないんだよなぁ

全員育成が終わればリリーナ・デューテ・ユリア・エリーゼのフル魔道士組を防衛に配置したい所。
リリーナは全距離反撃に剣殺し持ちだから中々事故率高いんじゃないかと思うんだよね どうだろう

■アンダーナイトインヴァースエクセレイトエスト
とりあえずナナセのチャレンジ全部とストーリークリア程度にはやりました。
ストーリーがどこまでも厨二でちょっと疲れたね!楽しかったけど!
持ちキャラはナナセではありますが、改めて触ってみるとケイアスも中々楽しいです
同時操作系は煩雑すぎて全然使えないからあれなんだけども!
個人的にかなり好きな部類の格ゲーではありますが、前作からそうだったけど、ブレイブルーとかに比べて熱帯の人口が少ないせいか強い人しか居ないのが困り物。勝てる気がまったくしないのでもっぱら友人との対戦用になってます

■ペルソナ5
先週の連休からがっつり夏休みなのですが、この機会に手を出しました。
P4Gが手付かずで積んであるんだけどね、今やりたいのは5だからね!

元々公式からネタバレに関するかなりの警告が出されていたせいか、プレイ人口の多さの割に発売1年以上経った今でもまったくネタバレは踏まずに済んでいたこの作品。
ネット全盛なこの時代に珍しいと思ってましたがそれも実際ゲームを始めてみると納得の一言で、ゲーム中大半のシーンが動画どころかスクリーンショットも禁止区域で、かつ1つ1つの事柄が密接に伏線として機能してるから最早発生する日常的なイベントの話題すらネタバレになりそうで呟けないってことがわかりました。
仲間は勿論ダンジョン名すら危ういから、強いて呟けそうなのは今の日数ぐらいですねw

ゲームとしてはまさに評判通りの一言で、凄まじいセンスの各種UI、練り込まれたストーリー、ストレスフリーなシステム、魅力的なキャラクター、それらを彩る音楽と最早文句の付け所が何もないレベルで相当高水準にまとまってるRPGって感想です。
すっごい強いて言えば戦闘終了後の演出が若干長いのが気になるぐらいか。
今40時間を越えたあたりでもまだ8月なので、このペースだと120時間ぐらいかかりそう…?
果たして夏休み中に終わらせられるかは結構怪しい所です。

やる前は完全に双葉一択だったんだけど、いざ始めると真と先生が普通に可愛くて困る…
というか出て来る娘全員可愛くて困る……九股したくなっちゃう………






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 自由奔放。, All rights reserved.