FC2ブログ
Selected category
All entries of this category were displayed below.

ご無沙汰しておりますこんばんは。
丸二ヶ月ぶりの更新となりますが細々と生きてます。
いや、別に細々ってこともなく特に普段と変わりなく生活してます。
ここ最近は土日と言うと基本外出てるし、平日は平日で結構帰ったら速攻で寝落ちてて単純にパソコンつけてないから更新忘れてただけだよ!地味にこんだけ長く更新空いたの初めてだけど深い理由は何もないよ!

絶体絶命都市待ちでゲームのスケジュール空けてたんだけど延期になりやがったので、ここ最近はこれといってやるゲームもなく無心でドラガリアロストをぽちぽちしてます。
基本的な考え方がグラブルで操作性が白猫って感じのゲームですかね、これは。
思ってたよりちゃんとアクションしてて結構楽しんでやってますが、ところどころにグラブルを感じるね!
特に武器クラフトの仕様のマゾさ辺りに大変グラブル臭を感じます。素材も金も何もかも足りない。

今の所の不満は体力の切れやすさとガチャの闇鍋仕様ぐらいかな?
ガチャの闇が深いのはまぁソシャゲ共通ではあるし課金する気もないのでどうでもいいっちゃどうでもいいけど、FGOとかもそうなんだけどイベント特攻護符を本当にやめてほしい…。
どれだけ強い護符があったとしても、結局イベントの度に特攻護符に変えるから意味ないんですよね。
イベント護符はイベント護符でそのイベントが終わると用済みになるし。
特攻をやめるか護符はガチャを分けるかどっちかしてほしいです。やらないだろうけど。

あ、あとGODZILLA~怪獣惑星~から始まるアニゴジ三部作を観てきました。
以下はネタバレ感想もちらほら混ざるからよろしくな!

・・・・・・・・

こう…ね。観終わった時のなんとも言えない心境がね。
終わってからしばらく ( ゚д゚) こんな感じの顔になりました。
話としては比較的綺麗にまとまったと思うし、結末としてもまぁ納得行く内容ではあったんだけど、ここまで物語を描いてきてそんな結末にしちゃうの??とかそんな感じの気持ちになる映画でした。
面白かったかと言われると微妙。つまらなくはなかったし要所要所好きなシーンは多いです。

地球に住んでいた人類、非常に高度な技術力を持つビルサルド、未来視や信仰心が高い宗教家エクシフ、これら3つの種族が力を合わせてゴジラに立ち向かうとかそんな感じの物語なのですが。

1部が人類主体に各種族連携してゴジラを撃破→
倒したと思ったゴジラは幼体で成体が別に居たぜ!(この際出現の余波で部隊半壊)→
2部ではビルサルドの超技術を主体に再度ゴジラへ挑む→
怪獣を倒すには人であることを捨てなければ勝てないから自らを兵器にしよう→
(主人公)俺はそんなもの受け入れられない!で離脱、討伐失敗(この際更に部隊半壊)→
3部は技術も連携も駄目ならもう後は神に祈ろう→
エクシフの神ことギドラを召喚してゴジラと戦わせる(ギドラ召喚の余波で更に部隊壊滅)→
ギドラくんはゴジラどころの驚異じゃないからゴジラを手伝って倒して貰おう→
ギドラくんゴジラに倒されました→
もうゴジラ倒すとか無理っしょ、諦めて隠れて暮らそうぜ→
(主人公)もうあいつを憎んでるのは俺だけだから全部俺が背負う、あばよ!(ゴジラへ玉砕特攻)→
スタッフロール

すっごい大雑把に上記の流れなんだけども。
ゴジラに制圧された地球を自分たちの手に取り戻そう!ってことで討伐隊が結成されるのですが、その討伐隊はゴジラ討伐とギドラ召喚の過程でほぼ壊滅、宇宙ステーションで待機してた側もギドラ召喚時に全滅、ゴジラ自体は結局何も変わらずに健在、主人公も最後の最後に自滅、状況は何も変わらずゴジラから隠れて暮らそうねエンドでもうね!スッキリしないことこの上ないよ!!

主人公が最後に特攻した行動自体も自暴自棄とかじゃなくてちゃんと意味がある行動ではあるし、ゴジラの熱線が自らに向けられたその瞬間満足そうに笑ったことからもきっと彼は幸せ、幸せではないにしても満足だったろうとは思うんだけど…。
あまりにも誰もが救われなさすぎてなんかもう心がしんどい。
せめて、せめて誰か一人ぐらい幸せに終わる人が出てほしかった…!

最終的に3つの種族はそれぞれ自分たちの種族が最優先で他種族のことはまったく信用してなかったし、ゴジラは結局人の身のままでは倒せないよって事を三部作かけてがっつりと思い知らされるし、そんな都合のいい救いの物語も現実にはないよ!って言われてるみたいでさ!作り話なんだからもう少し救いをくれよ!!!

総じて怪獣大戦争を期待して観に行くと肩透かしな内容じゃないかなって思います。
どちらかというと怪獣特撮アニメじゃなくてSFヒューマンファンタジー?
特に三部は人間同士の感情のやり取りがメインになるから、絵的な派手さより人間ドラマが主観です。
あと七割ぐらいが櫻井孝宏の催眠音声なので櫻井さんが好きな人にはおすすめです。
櫻井ボイスが優しく諭すように語りかけてくるので、多分目を閉じて耳を傾けてると変な気分になれると思います。
ちなみに残り二割は杉田さんの解説実況で後一割が状況に翻弄される宮野さんの叫びです。
ゴジラはギドラに数分甘噛みされた後ブチ切れてボコボコにするぐらいで特に目立たないです。
ゴジラを観に行くより櫻井さんの催眠音声を聴きに行こうな!

ギドラくんは退場する時めちゃくちゃ無様だけど、途中まではめっちゃ怖いです。
ギドラ出現の影響で時空が歪みデータ計測も全ての情報がめちゃくちゃになる中、オペレーターが自分たちがまだ生きてそこにいる筈の司令室の生体反応がロストしてる事に気づき、「私達、もう死んでるって言うの…?」の一言を発した直後に部屋ごとギドラに喰われたところは普通に鳥肌たちました。理解出来ない物、原因がわからない現象って怖いよね。
そんな意味のわからないギドラくんも種明かしをされた後はゴジラに秒殺でした。
勝てないにしてもせめて5分ぐらいは善戦してほしかったなって思います。

絵的な派手さとかは二部が一番楽しかったです。
人道的に一番エグいことするのも多分二部です。
…いや、三部も似たようなもんか…??

もちろん自分が幼い頃から怪獣王として名高いゴジラが簡単にやられて欲しくないって感情はあるのですが、それはそれとして「アニゴジ」としては人類の知恵と工夫の果てに最終的にゴジラが倒される物語でも良かったんじゃないかなって個人的には思いました。物語の終わり方として納得はしてるけどスッキリはしなかった作品だったよ!

ニーアコンサートに行ってきましたー!
レプリカント/ゲシュタルトコンサート「滅ビノシロ 再生ノクロ」、オートマタコンサート「人形達ノ記憶」に続き、今回はシリーズ全体で会場規模を大きく上げての開催となった「NieR:Orchestra Concert 12018」!
過去の会場でも物販はそこそこ並びはしつつも普通に買えてたから今日もそのノリだったのですが、物販開始一時間ちょっと過ぎた辺りに行ったらまぁもう普通に列やばかったよね^^
今から並ぶと公演間に合うかわかりませんとか言われたらまぁ諦めるよね!
幸いにもパンフレットだけ公演後に別売してくれたおかげで買えたから良かったけども。有能運営。

公演は一部がニーアレプリカント(ゲシュタルト)、二部がニーアオートマタと完全に作品を分けての構成になっていて、一部をエミール役の門脇舞以さんが、二部は2B役の石川由依さんが演奏の合間合間に朗読を挟む構成になってました。

公演全体自体が選曲もアレンジも演出も何もかも良いしでもう全体的に大満足だったのですが、とりわけ一部のレプリカントパートがもう本当にやっばい!
「夏ノ雪」から始まった演奏の背景では各楽曲ごとにあわせた映像と文脈が流れ。
「エミール」、「掟ニ囚ワレシ神」、「愚カシイ機械」と的確にトラウマを抉っていき。
更に幕間には物語を振り返るエミールの語りも入り。
そして最後には冒険の果てに自分だけが生き残り、過去の記憶も薄れていき、かつての仲間たちにもう会えない、でも会いたい、会いたくてたまらない…そんな気持ちを吐露したエミールの叫びから間髪入れずに演奏される「カイネ」。
こんなにも涙腺に対する殺意が感じられるコンサートも珍しいなと思いました。
結構要所要所で近場の席とかから嗚咽らしき声が聞こえてはいたのですが、特に「カイネ」演奏後は嗚咽の声が一気に増えててちょっと笑いそうでした。でも自分も泣きそうでそれどころじゃなかったね!!
エミール演じる門脇さんの演技がストレートにエミールの心境を伝えてきてもう本当凄くて、これだけでも結構心に来てるんだけど、ここに加えて曲が「カイネ」でしかもシークレットゲストのエミさん本人が登場してそのまま歌い上げるもんだから、こんなんそりゃ「もおおお!!!もおおおお!!!エミーーーーーーーーーーール!!!!!!!!!」って感じになるよねそりゃ。

カイネの名前は出てきたけど、ニーアの名前は出てこなかったのはそういう事なんでしょう。
心がしんどい。

どんだけしんどかったかってそりゃもうこの後の二部の印象が薄れる程度にしんどかったです。
オートマタパートも普通にハイクオリティでありがとう…って感じだったんだけども。
とはいえカイネの衝撃がね。ちょっとね。あれはやばすぎたよね。
「追悼」の時の字幕がアダムとイヴをテーマにしたものだったのですが、字幕で「オニイチャン…オニイチャン…オニイチャン…」って流れた時にLINEのスタンプ(※)の顔が脳裏に浮かんで笑いそうになりました。
曲的には全然笑えないのに笑いそうになるこの複雑な心境を誰かわかって。
※LINEスタンプでアダムとイヴをテーマにしたスタンプがあり、その中で「オニイチャン」のセリフとあわせて様々な表情のイヴのスタンプが大量にある

そんなこんなで大変に満足なオーケストラでした。
本当に、本当にありがとうございます。
もしDVDとか出るならカイネのところを見てほしい。
レプリカント/ゲシュタルトやった人はもれなく死ねます。



以下はセットリスト。


東京公演初日昼の部に参加してきましたー!
例年通りの大天使っぷりで浄化される…ありがとうマジカルミライ…。
なんやかんやで今年4度目の参加となったマジカルミライ、例年通りにだらだら感想を書こうと思います。
結局未だにライブにはミクさんしか行ったことが無いけど特に問題はないね!

全然関係ないけど、マジミラの袋を抱えつつも雨だったので帰り道でタクシーを使ったのですが。
その時の運転手がやたらと「こっちはずっと雨だったけどそっちはどうだったのか」、「こっちはさっきまではやんでいたがそっちでは雨にあわなかったか」的な話題をずっとしていて、勿論こちらから運転手にわざわざ「~に行ってきたんですよ」なんて話題を振ったわけでもないのでずっとそっちってなんのこっちゃと思ってたのですが。
会話の途中で運転手から「ランド」「幕張」って単語が出てきたので、どうやらマジミラの袋をディズニーの袋と勘違いしたのか、ようやく「そっち」がディズニーランドの事を指してるらしい事に気づきました。
まぁ確かにマジミラの袋もディズニーの袋もカラフルだけどね???
幕張メッセ自体はディズニーがある舞浜の先だから立地的にはニアピンではある。

あ、ちなみに運転手の勘違いは特に訂正せずにそのまま降りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の会場もまたまた幕張メッセ、規模や場所も去年と変わらずといった感じ。
10周年のお祭りムードが強かった前回に比べるとちょっと落ち着いたかな?って雰囲気ではありましたが、入れ替わりでリンレンが10周年だった事もあって、例年よりも黄色空間が多かったように思います。

■企画展について。
ライブ後に行ったら大半の物販が壊滅していた事を教訓に、今年はもう始発から行きました!
一緒に行った友人も道連れで始発突撃しました。正直付き合わせてすまないとは僅かながら思う。
とはいえ、幕張メッセ自体がそれなりに遠いので始発で行ったところでそこまで早くは到着出来ず、現地についた時点で既に列は会場の外の公園的なところまで伸びてて変な笑いが出ました。
まだまだミクさんが人気な事がわかって安心するよな(震え声)

始発で行った甲斐あって目的物はねんどろいどもぬいぐるみも含めて全部買えましたが、それでも一部商品は早々に完売してたので、あの辺はもう近場に泊まって本当に朝一番とかに来ないと無理だなって気がします。
ねんどろいどもぬいぐるみも今年は普通に夕方頃にも取り扱ってたから、去年より量増やしたのかな?
特にぬいぐるみはもう秒殺だったからね去年。2日行ったけど2日とも即完売してたし。

展示で目立ったのは今年で10周年を迎えたリンレン特設コーナーでしょうか。
でっかい神輿というか扇?みたいなオブジェクトが印象的でした。
10周年記念デザインらしきデザインのリンレンがちょう可愛くてむせび泣く
ボカロの中では二番目にレンくんが好きなのですが、彼はイケメンにもショタにもなり得るので大変危険な存在だと思います。彼にショタコン沼へ引きずり込まれたPは一体何人居るのだろうか…。

あとはふわふわぬいぐるみを使った3年9組の展示が癒やされ空間でした。
「はつね」ってでっかく描かれた習字風味の展示がなんとも言えないシュールさで可愛かった。
ふわふわぬいぐるみと言えばセガブースで深海少女衣装が展示されてたね!
もうめっちゃ可愛いので是が非でも取らねばならない…!
直近で登場した寝そべりスタイルのミクさんを取る時にちょっと思い出したくない額を突っ込んだので、今回は平和な出費の範囲内で取れると良いなって思います。本当に。

あ、ちなみに入場ピンズは俺がリンちゃん、友人がミクでした。
4年同じ友人と行ってるけどミクが当たったのは今回が初めてでした。
譲ってくれた友人を神と崇めようと思います。数日間ぐらい。


■ライブについて。
席はAだった例年から一昨年同様のS席に戻り、場所としては真ん中から少し右よりのブロックでした。
この場所がもう過去最高の場所で、マス目区切り複数のブロック管理がされてるのですが、ちょうとブロックとブロックの区切りになる一番端の席で、自分からステージへの直線上に人が居ない神の座席!
毎年前の人の頭が邪魔で見えない!とかなるのですが、今年はそんな事もなく存分に堪能できました。
毎年こんな感じの引き運でお願いしたい、本当に。
オペラグラス使うと更にもの凄いよく見えるので、所々ペンライト振らずにミクさんガン見してました。
ライブとして正しいのかちょっと悩みどころだったけどね、ミクさんみたいからね、仕方ないね。

例年何かしらの曲モチーフでやってるイメージがあるバンドメンバー紹介は、今年は単純に何かモチーフってわけでもなくデモンストレーション的な演奏をしただけだったかな?
毎度メンバーの方々がとても楽しそうに演奏されて素敵だと思います。
「そしてボーカルは?せーの!」からの「はーつねみーく!!」の合唱は定番だね!

以下は曲ごとにちらほらと。



・Hand in Hand
ライブでは定番となったこの曲が今年のオープニング担当!
例年ではアンコールとか最後の方に演奏されてたのでちょっと意外でした

・ビバハピ
曲自体があざとさマックスなだけあって、ミクさんの動きがあざとい!可愛い!!
指差しの手をぶんぶん振るのがとてもかわいかったです
映像で歌詞がポップに流れていく演出も可愛かった、可愛い(語彙が死ぬ

・METEOR
物凄いライブ映えするねこの曲!!
演奏に合わせてスピード感よく歌詞が流れ、ペンライトを降るテンションもアゲアゲです。
ノリもよく、リズムも合わせやすく、ペンライトも振りやすくでいい曲だな!!ってなりました
ライブの定番になるといいのう

・ワールドイズマイン
「次は皆大好きなこの曲!」とのミクさんのMCからのモジュールチェンジ!
ミクが流行りだしたかなり初期の年代の曲ではありますが、今聴いても良いよね…
「世界で一番お姫様」のところで「おーひーめーさーま!」って会場全体が合唱するのが盛り上がって大変良きです

・キャットフード
ピエレッタだ!!!ってモジュール名は頭の中にすぐに出てきたけど、なぜか肝心の曲名のほうがすぐに浮かばず、ずっとこの曲の名前なんだっけ……って考え続けていた。そんな一曲。
曲自体は好きでよく聴いてたしDIVAでも散々やってたのにね…

・Nostalogic
去年?は忘却心中だった気がするけど、メイコさん毎回これ歌ってるイメージある
これが代表的ってのはわかるけど、たまには違う曲にすればいいのになって思います

・on the rocks
ちょうど近くの座席にこの曲のモジュールのコスプレしてる人が居たので妙に印象的でした。
コスプレのモチーフにしてる曲が演奏されて嬉しかっただろうなあの人達
誰か知らんけど

・劣等上等
今年はリンレンが10周年って事で、5曲連続でリンレンゾーンが出来てました。
多分今回用の初出しモジュール?に身を包んだ二人が歌う様は圧巻だね…かっこよかった…
最後にマジカルミライって高らかに歌い上げるところがめっちゃ盛り上がった

・ロキ
去年に続いて初見の曲がセットリストに存在してしまった…ワシも年老いた…
今でもメジャーリリースされたアルバムは多分大体買ってる気はするのですが、ニコニコとかはチェックしてないからアルバムに収録されてる範囲が俺のボカロ知識の限界です。
これでロキが何かに収録されてたなら木の下に埋めてもらっても構わないよ!
リンレンの動作に疑問符とかの映像を交えた演出が印象的な曲だったね!

・リバースユニバース
モジュール変わったし曲自体も好きなのでペンライト振るの放棄してめっちゃミクさんガン見してた
ミクオケでもやったけど盛り上がっていいよなこれ…

・ODDS&ENDS
久しぶりのマジミラで上演やったー!!!
2015年のマジミラ以来かな?(参加日によっては違うだろうけど)
この曲はボーカロイド視点でストーリー仕立ての歌詞がとても好きな曲です。
DIVAでもめっちゃやったしカラオケでもめっちゃ歌う。
メルトとかもそうだけど、ryoさんの曲ってストレートに心情が込められてる歌詞が良いよなって思う

・砂の惑星
去年のマジミラモジュールだ!!
マジミラで見るのは二度目ですが、相変わらず衣装の可愛さに反してめっちゃロックな曲調と振り付けなのがちょっと笑いそうになります。
この曲自体は好きだけど、割とローテンションで淡々と進むような曲調だからライブ向きではないかなって感じがします。大阪ではやったらしいけど39みゅーじっく!の方がライブとしては盛り上がりそう
ライブBlu-rayを楽しみに待とうな!

・グリーンライツ・セレナーデ
今年のテーマ曲がセットリストの最後でした。
ミクさんの動きがあわさったモジュールの可愛さが凄い、可愛い、凄い(語彙力)
途中で恒例のクラッカーパーン!もあったし、ライトの演出も凄いし、曲自体のノリも良いしで最後の曲にふさわしかったんじゃないでしょうか。めっちゃ盛り上がってた。
来年以降も盛り上がりどころの定番になりそうだね!


今年は去年よりアンコールがちょっと少なめに感じたけど、かなりよく見えたし満足です!
好きな曲もいっぱいやったし毎年本当にありがとうマジカルミライ…来年も楽しみにしてるよ…!

以下は当日のセットリスト(東京公演/1日目昼の部)。


なんかもう最近広告が表示されたら更新みたいな感じになってるね!!
この状況でも毎日10名前後の方がいらっしゃってるみたいなんですよね。
なんとなく申し訳なくなる気持ちとありがとうございますって気持ちと一体何が目当てで???って気持ちがせめぎ合う8月8日、台風が世間を賑わす夜からお届けします。

********************

久々って事もあるのでがっつり近況でも書こうかと。
今は世間より一足早い夏休み中でして、掃除だったりゲームだったり漫画だったり、ここ最近あまり手がつけられずに溜まってたものを崩しつつのんびり過ごしてます。
このブログを始めたのが中学?だか高校?の時だった気がするけど、そんな私も来年で遂に30歳を迎えてしまう悲しき現実が受け止めきれない今日この頃でして、30になる前に一人暮らしをしたいなーとぼんやり考えたりそんなこともなかったりな感じです。
別に今の職場も普通に実家から通える距離って事もあって特別一人暮らしの必要性は正直あまり無いのですが、とは言ってもね。30歳まで一度も一人暮らししたことないってのも人生経験的にまずいのではって感じがね。うん。
まぁそんな背景もあり、実家を出やすい様にここ最近少しずつ自室の物を減らし始めています。
(単純に部屋にものが溢れすぎてて収集つかなくなってきたってのもあるんだけど。)

漫画とか画集とか教本とか、一年以上触れなかったものは思い切って全部処分しようと先日整理したのですが、読んでなかったものでもいざ手放す!となると不思議と名残惜しくなるもので。
特に絵の教本はゲームに関わる職につきたいと思っていた大学当時に色々買った時の物で、就職以降は殆ど使うこともなくなり、そのままホコリを被っていて。毎回本を処分する時に処分候補に含まれはするのですが、なんとなくこの本を手放す事で自分の憧れとか、夢とかも一緒に手放すような気がしてずっと残していたのですが…。
今回はもういい加減残していてもしょうがないって事で、これも手放す事にしました。
別にゲーム自体は変わらずに好きだけど、もう絵自体殆ど描かなくなっちゃったからね。
手放したところで絵がかけなくなるわけでも俺の性格が変わるわけでもないしな!
今回処分する本の中には今だと入手困難な画集とかも結構あるような気がするので、そこそこの値になったりしないかなって邪な気持ちもあったりなかったり。そんな感じの断捨離作業は楽しくもあり大変でもあり、センチメンタルな気分にもなるしで不思議な感じだね!

*******************

ゲームはちまちまイース8を進めて多分終盤かな?
今作は特定の誰かの壮大な陰謀を止めよう!とかじゃなくて、世界の仕組み自体に抗う話なので、終盤まで進んでるにも未だにラスボス誰なの??って気分になってます。
世界の仕組みとか戦いようがなくない??概念殺すの???魔眼?????

なんとなく一度も回復アイテムを使わずにここまで来たので、勿論エンディングまで回復は縛ります!
ジャストタイミングでガードすれば完全ノーダメージのシステムなんですよ。
そして防げない攻撃は存在しないシステムなんですよ。
つまり理論上はHP1でも全部防げば勝てるよね。
だから回復はいらないんです(この理屈で相当死にました)。
上記システムなせいか、ボスは必ずどの攻撃も予兆があるから良い調整だと思います。
あと一撃で死ぬ状況でジャストシールドからの反撃を繰り返して倒しきった時の脳汁どばどば感マジ楽しい。

その他だとBBタッグバトルとグラブルを並行してちまちまやってます
結局ソシャゲはグラブルが一番楽しいかな…。
色々新しいソシャゲをインストールしたりはするのですが、最終的に手元に残るのはアスタリア、FEヒーローズ、グラブルの3本です。FGOも残ってるけどログボしか取ってないし。
アスタリアは楽しいとはあんまり思ってないけど、とにかくストレスが無いのはいいよね!
ほぼ全域オート放置可能だし。定期的にコレットの新衣装が拝める時点で神アプリ。
FEもとにかくストレスがないし、拘束要素も殆どないってのは続ける上で気楽でいいです。
リリーナを+10にしたくて定期的に赤石回してるけど最近全然出ないんだよな…あと2リリーナ

グラブルは一番ゲームとして楽しいけど、ソシャゲとしては拘束時間が多すぎてしんどい!
FGOも拘束時間が多いタイプだから平行は厳しいねー
水着ジャンヌが来るらしいからそれが当たったらまたやる気だそうかなって思ってる

ほぼ広告消す為の更新です

特に変わらずゲームしつつ生活してます
最近はイース8やってますがわりと楽しんでます

このブログ初めてから多分一番長く更新間隔あけた気がする
ブログ更新もぼちぼち潮時かのう…


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 自由奔放。, All rights reserved.